FC2ブログ

根津・谷中 日がな1日、2時間のぶら~り

上野の不忍池(しのばずのいけ)の蓮も枯れ、 池を覆い隠しています。
今日はここから、てくてく歩いて「根津・谷中」を巡ります。

1_201601151311172e3.jpg


上野動物園の東園駅と西園駅を走るモノレール、正式名称を「上野懸垂線」といい、日本で最初に開業したモノレールです。

2_201601151311190d9.jpg


池の中央にある弁天堂を過ぎると鴨や鯉の楽園地、向かいにはボート乗り場があり、色とりどりのスワンボートの首がアッチコッチに向いてます。

3_2016011513112132b.jpg


池の中央の道には、春に桜が満開になる道、暖かい日差しを受けて散歩する人が多くいます。

4_20160115131122ec3.jpg


池を右手に巻いて根津方面に向かいます。振り向くと上野の街並がよく見えます。

そろそろお昼です、池之端の近くだと「うどんの釜竹」に行きましょうか 迷います。

5_20160115131123a5b.jpg


「釜揚げうどん専門店の釜竹(かまちく)」に向かう事にします。

途中「串揚げのはん亭」の裏道を通ります。

6_20160115131136aac.jpg


大正6年に建った商家、今は串揚げ屋さんに。

7_2016011513113895f.jpg


建物のまわりには、はん亭の社長自らが描く掛看板が飾られています。

8_20160115131139df1.jpg


はん亭の東側、裏道の奥にある「根津 釜竹 石蔵」に向かいます。
明治43年(1910)に建てられたという石蔵があります。

9_20160115131141a6a.jpg


いつもなら行列ですが今日は待たずに入れます。

10_20160115131143582.jpg


通されたのは、庭園が見えるテーブル席、奥には蔵に上がる座敷があります。

注文したのは、「釜あげうどん」。麺前のつまみとかお酒が揃っていますが今日は我慢します。

まずは、薬味のねぎ、揚げ玉、七味、生姜が置かれます。

庭を眺めながら待ちます。静かな時間が流れます。
隣の建物は老人ホームでしょうか、木の質感が活かされ釜竹の建物と共有している庭園が広がります。

店の奥からはトントンとうどんを切る包丁の音だけが聞こえてきます。

11_201601151311571c2.jpg


テーブルに大徳利が運ばれてきます。
注ぎ口には紐が巻かれ、店の雰囲気にマッチしています。

淡色のつゆを椀に入れると、鰹節の複雑に絡み合った美味しそうな香りが漂います。

12_20160115131159fe9.jpg


何分待ったでしょうか、大きな丼にたっぷりとうどんが置かれます。
うどんは太打ちで、少しにごった茹で湯に浮いています。

まずは、一本取り上げてそのまま口に運びます、かすかに塩味がします。
粉の旨みと甘さを感じます。

13_20160115131200aac.jpg


薬味を変えて美味しさを堪能します。
熱いつゆにつけて一口、ねぎを入れて一口、揚げ玉を入れて一口、七味を入れて一口、生姜を入れて一口。

つゆが少なくなったのを感じたのか、大徳利からつゆを足してくれます。
そのまま、大徳利を置いていってくれます。さも写真をどうぞと、お心遣いに感謝。
このうどんは、シンプルなれど、奥が深いですね~

次回は、麺前のお酒とアテをいただき、細打ちのざるうどんを食したいと思います。

14_20160115131202c36.jpg


満ち足りた時間を感じながら、暗渠となった「藍染川」にある染物屋「丁子屋」を通り歩を進めます。

TRA_1041.jpg


店の前には、蓮の花が飾られています。

15_201601151312033d4.jpg


谷中、藍染川暗渠の「へび道」をクネクネと歩くと、お寺が多い「さんさき坂」に出てきました。
登りつめて左に向かうと「谷中霊園」、右に歩くと東京芸大・上野公園が広がります。

16_20160115131220001.jpg


谷中の「よみせ通り」を歩くと中ほどに「やなか珈琲」発祥の場「谷中店」でひと休みします。

17_201601151312215c9.jpg


コーヒーの生豆を買うと焙煎してくれます。

18_201601151312235b7.jpg


今日は、平日なのでコーヒーカップで出してくれます。
そろそろ終点です。2時間のぶらり散歩で、江戸時代の骨董屋さんや長路地の蕎麦屋さん、手拭いの染め物屋さんを見つけました。次回はゆっくりと眺めましょうか。

19_201601151312240a6.jpg


外国や日本の観光客が訪れる「谷中ぎんざ商店街」をすり抜け、夕焼けが良く見える「夕焼けだんだん」の階段を登り、JR日暮里駅に下ります。

いつも通る道、歩き慣れた道をひとつ横に入ると新しい発見があります。
引き返す路地かもしれないけれど、入らないと良さは見つかりせん。

20_20160115131226fe2.jpg



階段のそばには、陽だまりの中で おやすみです。
16.01.21


下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA
スポンサーサイト

赤坂「 BIKiNi 」へぶら~り

11月22日、今日は「いい夫婦の日」です
いつも美味しいところを薦めてくれる友人から
赤坂サカス内の赤坂Bizタワー1階にある
「モダン・カタラン・スパニッシュ ビキニ」を教えて戴きました。

さっそくメトロに20分揺られ赤坂駅に向かいます。
奥には「TV TBS」の社屋、夜のライトアップも綺麗です。

1-001_20151123165545709.jpg


このお店は、カタルニア地方の伝統料理を現代風に進化させた本格スペイン料理「モダン・カタラン・スパニッシュ」をカジュアルに楽しめるお店です。

2-001_201511231655464a6.jpg


店内は、右側に着席するレストランスペース、6席12名と奥の個室に6名が座れ、カウンターのバルスペースに分かれています。室内は狭いのですが、ゆったり落ち着ける空間です。

3-001_20151123165548941.jpg


女性スタッフが「ピンチョス」を作っています。
ピンチョスとは、小さく切ったパンに少量の食べ物をのせた軽食のことです。

4-001_20151123165549755.jpg


お願いしたのは、パエリアコース(10ピンチョスとパエリア、デザート)。
こちらのお店で食べるべき一品は、ピンチョスの盛り合わせプレート、美味しさだけでなく見た目も楽しめる一品です。

5-001_20151123165551c7d.jpg


「Bikini」とはスペイン語でイベリコハムとチーズを挟んだホットサンドのことです。(右下)

6-001_20151123165618b02.jpg


山と海に囲まれているカタルニア地方は木の実、ジビエ、魚介類など新鮮な山と海の幸を使った料理がふんだんに使われています。
野菜やイベリコ豚のミルフィーユも多く、スパークリングワインとの相性も抜群です。

7-001_20151123165620731.jpg


つぎの料理はパエリア。斬新なデザインの「menu社 プロペラ鍋敷き」です。
プロペラのような鍋敷き。使わない時はスティック状に閉じて、しまう事ができますね。キッチンマットに置かれると特別感を添えてくれるかわいい鍋敷きです。 

8-001_20151123165621461.jpg


もう一つの食べるべき一品は、3種類の中から選べるパエリアです。。
つれあいが頼んだのは、魚介と鶏肉のパエリア(Paella Mixta)

こちらはオーソドックスな感じですね。魚介もたっぷり、鍋肌のご飯がパリパリしています。

9-001_20151123165622f08.jpg


私が選んだのは、パスタのパエリア(Fideua)、一度は食べたかったパエリアです。

10-001_20151123165624073.jpg


魚介類が入った細いパスタ、鍋肌はカリカリして内側は柔らかい、食感が楽しいパエリアです。

ゆったりとしたランチできました。
お店の方はサービスも良く、客席に目を配っているのか対応も早く、心地よく食事ができるお店です。

11-001_20151123165645b00.jpg


コーヒーカップは、和風の器で供されます。
デザートは、グレープフルーツの上に同じ味のエスプーマムースがのっています。
泡状の滑らかさが何ともいえません。

12-001_20151123165647e6b.jpg


モダンでありながら「Bikiniのホットサンド」を食べたときの素朴な温かみある食感に笑みがこぼれます。

12-001-1.jpg


お店を出て赤坂を下り、弁慶橋を渡り坂の上の上智大学に向ってみます。
途中、紀尾井町通りを歩いていると、つれあいがお気に入りのレストラン「オーバカナル」がありました。今日は寒空でテラスは閑散としています。

13-001_201511231656501fe.jpg


上智大の東門から構内に入り、もみじ色の1号館を見ながら真っ直ぐに進むと、ソフィア通りの正門に出ます。

14-001_20151123165709283.jpg


懐かしい土手の下のトンネルを抜け長い階段を降りると、20代の頃、新宿区サッカーリーグで使った「上智大サッカーグランド」があります。昭和54年〜63年の若かりし頃、東京都リーグを目指し闘った場所です。
あれから34年、このお堀の上を二人で歩いていると色々なことが思い出されます。

15-001_20151123165710da9.jpg


さくらが咲く頃、楽しみにしていた江戸城外堀の「花見」、土手を歩きながら思い出に浸ります。向かうはJR四ツ谷駅、15分電車に揺られ帰ります。

美味しいお店 いつもありがとう ございます
雰囲気も対応も良く、綺麗なピンチョスに温もりを感じます。

次はさくら咲く陽当たりの頃、「オーバカナル紀尾井町店」前の「清水谷公園の桜」を見ながらランチもいいですね。

2015.12.16

下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA


表参道 クリスマスに彩る表参道へ ぶら~り


青山通りから見える「明治外苑のいちょう並木」にぶらりと寄ってみます。
葉も落ちて枝が寂しそうに伸びています。

1_20151216135444a9f.jpg



いちょう並木の前からコミュニティバスの「ちぃバス」に乗り、表参道に向かいます。

2_20151216135446363.jpg



表参道はクリスマスの装いです。紅葉の木々にはイルミネーションの50万球のLEDが枝に巻かれています

3_20151216135447ddb.jpg


表参道のイルミネーションは、こんなに綺麗なんですね〜。
400mのけやき並木にシャンパンゴールドの温かみのある光が灯ります。

4_20151216135448799.jpg



樹の幹に「コニー」がのっています。

5_20151216135450549.jpg



お昼は友人から教えてもらった「茶茶の間」に行ってみます。
ご来店の方に「秘密の一杯」サービスと書かれています、気になります。

6_20151216135504daa.jpg



キャットストリートにほど近い、住宅地の中にモダンな建物があります。
お昼どきすでに満席です、人気があるお店ですね〜

7_20151216135506d7d.jpg



店のまわりをぶらぶらしながら呼ばれるのを待ちます。
近くに並ぶお店の佇まいを見ていると興味をそそるお店の多い事。
散歩するには飽きのこない街並みです。

8_20151216135507c5c.jpg



ランチは、「旬の温野菜盛り合わせ」と「水郷どりの蒸し鶏と旬の温野菜盛り合わせ」を注文します。自家製のスイーツもプラスします。
こちらのお店はシンプルな調度品で揃えていますね。
我が家で見慣れているものも、たくさんあります。
お塩、七味に生姜の佃煮と鰹でんぶは、茶粥にのせていただきます。

9_2015121613550974b.jpg



たくさんの蒸し野菜と蒸し鶏は、ゴマだれに付けていただきます。

10_20151216135510992.jpg



この器もトレーも「無印良品」です。

11_2015121613552421a.jpg



食後の白玉あずきは、モチモチして美味しく、あんの優しい事。

12_20151216135525736.jpg



お茶のソムリエである店長が出してくれた、「秘密の一杯」。
香りも高くお茶のエキスをギュッと濃縮したような渋味のある一杯です。

13_201512161355272f9.jpg



帰りに、東京三大豆大福の「瑞穂」に寄ってみます。
あれあれ ちょうど前の方で売り切れでした。土曜13時半には売り切れです。

お隣のお店の金魚も睡蓮鉢の中でクリスマスカラーの色どりです。

14_20151216135528e20.jpg



「表参道ヒルズ」の中は、みどりのクリスマスツリー。
人々が集う幸せのシンボル「ヤドリギ」が飾られた、高さ8mのクリスマスツリー。

15_20151216135530bed.jpg



毎年この場所に来ると昭和の名残りを感じます。
「旧同潤会アパート」同潤館、懐かしい雰囲気を今も醸しだしています。
相変わらず同潤館の1階にある「KuKuRuZA」のポップコーンは、2〜3時間待ちの行列です。

16_20151216135546322.jpg



当時の建物は趣きがありますね〜(平成10年頃)
緑に覆われたアパートメントを眺めながらよく歩いたものです。

17_20151216135548a83.jpg



毎年訪れる「ネスパス新潟館」、ここで求めるのは「魚沼産の黄金もち」、正月の雑煮用に求めます。

18_20151216135549c9b.jpg



今年も師走の時期になると訪れる表参道、

裏道をぶらぶら歩くと、好奇心が旺盛になる街の風景です。
15/12/22

下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA


熊本城 組み立て募金 復興 お城に思いをのせて

思いをよせて 作り上げます。
※ビデオ クリック  ※音に注意



組み立てるお城に思いをのせて
作り上げたのは、小さな熊本城。
徐々に解体されていくお城を見上げ、この地に育った人の支えが崩れていきそうな。
発生から1年を迎えた熊本地震。

1_20170630092742853.jpg

この小さなお城を作ることによって、思いと復興を叶えられます。

2_201706300927443f6.jpg

熊本城の完全復旧に要する時間は20年、この復旧を支援しようと、富山市のダンボールを扱う会社「サクラパックス」が立ち上げたのが「熊本城組み立て募金」。
手のひらサイズの熊本城を組み立てる段ボールキット「カードボードキャッスル熊本城」を2000円で販売し、その全額を寄付するという取り組みです。

3_201706300927455a4.jpg

完成までの30分、その時間に思いや復興の気持ちがこもります。
小さい熊本城ですが、「ダンボール熊本城」に当時の姿を重ね作り上げます。

4_20170630092747ffc.jpg

完成した城を部屋に飾っておけば、見るたびに熊本のことを思い出します。

5_201706300927487dd.jpg

よ~く見ると、「石垣」が精巧に作り上げられています。

6_20170630092749ecc.jpg

8月になったら見に行きます。
堂々と建っていた熊本城が瞼に映ります。

TRA_6292.jpg


下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。
写真素材 PIXTA

鉄道模型 夏祭り~ の情景アップで

60cm×45cmのスペースの中に里山夏まつりの情景を作り上げます。

この大きさの鉄道模型は2作目です。

書斎の棚にセットして、首を振れば目の前に広がる昭和の情景。

1 (2)


基本パーツは揃っていますが、小物を買い足したり、配置を変えたり、
汚しをいれて自然の情景に近づけます。

手を加えようと思えばきりがなく、いつまでも作り続けられる模型です。


ホームでは、電車を待つサラリーマン。
女学生は、なかなか来ない電車に待ちくたびれています。

1_20170609081912796.jpg


祭りのムードは最高潮
あんず飴、やきそば、たこ焼、いか焼の露天が並びます。

2_20170609081914b1f.jpg


参道を抜け階段を登ると、この先に本殿があります。

3_20170609081915c40.jpg


目の前には境内のようす。

4_201706090819167e9.jpg


参拝を見守る住職。
絵馬を掛ける学生。
神輿の写真を撮る観光客の姿も

5_20170609081918b42.jpg


なんでも揃う「里山駅前商店」の前では、
話し出したら止まらない、おばちゃん達の井戸端会議。
夕ごはんは、いつになることやら……

6_20170609081919517.jpg


夏のひと時が過ぎていきます。

7 (2)


塀の横には、ホクホクの石焼き芋屋さん。季節設定がおかしいですが
子供たちが集まってきます。

7_201706090819222b3.jpg


分校の正門近くには、金魚屋さん。

8_20170609081924366.jpg


川のそばには、小さな社
菊池電車が駆け抜けていきます。

9_20170609081925359.jpg


お墓に手を合わせに向かう人

10_2017060908192763b.jpg


川のせせらぎと鉄橋を走る電車の音が聞こえるだけ

11_20170609081928c29.jpg
 

電線には、鳥がとまり里山を眺めています。

12_20170609081930105.jpg


トンネルの山みどりに目が和みます。

13_20170609081942441.jpg


農家には、宅配便がきました。

14_201706090819467f8.jpg


線路横の畑には、朝早くから人が

15_20170609081948ee6.jpg


長屋の裏には、白い花が咲いています。

16_20170609082007fdb.jpg


里山駅に向かう女学生、ころんでいます。

17_201706090820093b5.jpg


分校の掲揚台には、日の丸がなびいています。

18_20170609082011dc2.jpg


「セイヤ セイヤ」と境内を出た神輿は、
駅前通りへとくり出して行きます。

19_20170609082038564.jpg


菊池電車は、トコ トコ と走りぬけます。

20_20170609082040862.jpg


青い空、モクモクと沸き立つ入道雲、
夕立ちになりそうです。

21_2017060908204154e.jpg


電車の音で話し声も聞こえません。

22_201706090820435ec.jpg


「ポッ ポッ ポっ」と
露店に神社に駅舎に明かりが灯ります。

24 (2)


境内の裏では、女学生がヒソヒソ話し。

24_20170609082045ea1.jpg


まっすぐ伸びる線路、30分に1本の間隔です。

25_20170609082047ea4.jpg


この里山で一番高いランドマークタワー「火の見櫓」。

26_20170609082049164.jpg


威勢のいい神輿に興じる里山の村民。

28_20170609082052c6d.jpg


茅葺き家の横では、畑を耕しています。

29_20170609082052453.jpg


分校で遊ぶ子供たち、その脇を静かに走ります。
ホッチキスの針で作った鉄棒。

30_20170609082054822.jpg


里山バスも30分に一本。

31_20170609082055c87.jpg


年に一度の夏祭り。

開放された休日の里山分校では

校庭で元気に遊ぶ子供たちの姿が

ふるき良き 『日本の夏』 があります。

32_20170609082057490.jpg


まだ終わりを迎えない情景レイアウト。


時間がとれれば、校庭に「祭り櫓(やぐら)」の情景小物を買い求めて、
盆踊り大会の風景を追加しましょ。

分光の校庭に「二宮金次郎像」も作りましょうか。


川近くの空き地のスペースも残っているので、
若い頃興じたキャンプの風景も作って、川には釣り人も置いてみましょ。

里山の村民人口も増やして、活気ある村に仕立てましょ。


終わりが見えないレイアウト、

今からの時間もたっぷりあるし、ゆっくりと少年時代を思い出しながら作ります。




下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA
プロフィール

terra

Author:terra
「見て・撮り・歩く」
青空の下、ぶらぶら街を歩き、居酒屋、蕎麦屋、銭湯めぐり楽しんでます。
日常の感じたこと、撮り書き綴ります。

ようこそ アクセス数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR