組み立てるお城に思いをのせて No.1

思いをよせて 作り上げます。

※ビデオ クリック  ※音に注意

 
 
  
   つづく 



下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA

 
スポンサーサイト

ツルリ ツルリと 鬼ひもかわ

屋形船で会う前に

草津温泉に向かう弟夫婦

道中も楽しそうな旅のよう。

館林市で途中下車し、向かうはあの有名な「花山うどん」

創業は明治27年

「鬼ひも川」をお土産にいただきます。

1_201706160844478c3.jpg


茹でれば、5cmもあろう幅広なうどん

喉越しよく食べてしまうと、痛めた喉に引っかかりそう。

よ〜く噛みしめて、食感を楽しめるうどんです。

まず再現したのは、ツルリ感を楽しむ「ざるうどん」

2_20170616084449119.jpg


幅3センチの「鬼ひも川」の乾麺を大きな鍋で茹でること11分、冷水でしっかりもみ洗いしコシを出します。

お箸ではさむのも楽しく、この弾力と食感がたまりません。
箸から滑り落ちて食べづらいのも、ツルツルプルプリ感のたまものです。

3_20170616084450af9.jpg


もうひと品は、花山うどんの定番「肉釜玉うどん」。

IMG_7095.jpg


用意するトッピングは、味付け豚薄切り肉 、玉ねぎスライス、めんつゆ、温泉たまご 、青ねぎ、きざみのり、かまぼこのオールキャスト。温泉たまごも茹で過ぎて このとおり。

冷たくてもいいのですが、ゆで上げた麺を熱いまま器に盛りトッピングを飾り付けメンつゆをかけます。

4_201706160844520b1.jpg


よくかき混ぜて、温かい麺を食べるとモチモチの食感を楽しめます。

5_201706160844542ae.jpg


残った「鬼ひも川」をふるさとの「だご汁」にしていただきましようか。

熊本県では「だんご」を「だご」と呼ぶことからこう呼ばれています。

本来、小麦粉を練ってちぎった平らな団子を使うのですが、「鬼ひも川」に替えて作ってみましょ。

阿蘇だとミソ味をベースに豚肉、ゴボウ、ニンジン、大根、里芋、椎茸の山の具を入れますが、有明海は貝類と鶏肉を入れ、すまし汁風のだご汁を作るようです。

さてどの味で楽しみましょうか。

今度は、本場の茹で加減を賞味に近場の「花山うどん 銀座店」に寄ってみましょ。



下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA

鉄道模型 夏祭り~ の情景アップで

60cm×45cmのスペースの中に里山夏まつりの情景を作り上げます。

この大きさの鉄道模型は2作目です。

書斎の棚にセットして、首を振れば目の前に広がる昭和の情景。

1 (2)


基本パーツは揃っていますが、小物を買い足したり、配置を変えたり、
汚しをいれて自然の情景に近づけます。

手を加えようと思えばきりがなく、いつまでも作り続けられる模型です。


ホームでは、電車を待つサラリーマン。
女学生は、なかなか来ない電車に待ちくたびれています。

1_20170609081912796.jpg


祭りのムードは最高潮
あんず飴、やきそば、たこ焼、いか焼の露天が並びます。

2_20170609081914b1f.jpg


参道を抜け階段を登ると、この先に本殿があります。

3_20170609081915c40.jpg


目の前には境内のようす。

4_201706090819167e9.jpg


参拝を見守る住職。
絵馬を掛ける学生。
神輿の写真を撮る観光客の姿も

5_20170609081918b42.jpg


なんでも揃う「里山駅前商店」の前では、
話し出したら止まらない、おばちゃん達の井戸端会議。
夕ごはんは、いつになることやら……

6_20170609081919517.jpg


夏のひと時が過ぎていきます。

7 (2)


塀の横には、ホクホクの石焼き芋屋さん。季節設定がおかしいですが
子供たちが集まってきます。

7_201706090819222b3.jpg


分校の正門近くには、金魚屋さん。

8_20170609081924366.jpg


川のそばには、小さな社
菊池電車が駆け抜けていきます。

9_20170609081925359.jpg


お墓に手を合わせに向かう人

10_2017060908192763b.jpg


川のせせらぎと鉄橋を走る電車の音が聞こえるだけ

11_20170609081928c29.jpg
 

電線には、鳥がとまり里山を眺めています。

12_20170609081930105.jpg


トンネルの山みどりに目が和みます。

13_20170609081942441.jpg


農家には、宅配便がきました。

14_201706090819467f8.jpg


線路横の畑には、朝早くから人が

15_20170609081948ee6.jpg


長屋の裏には、白い花が咲いています。

16_20170609082007fdb.jpg


里山駅に向かう女学生、ころんでいます。

17_201706090820093b5.jpg


分校の掲揚台には、日の丸がなびいています。

18_20170609082011dc2.jpg


「セイヤ セイヤ」と境内を出た神輿は、
駅前通りへとくり出して行きます。

19_20170609082038564.jpg


菊池電車は、トコ トコ と走りぬけます。

20_20170609082040862.jpg


青い空、モクモクと沸き立つ入道雲、
夕立ちになりそうです。

21_2017060908204154e.jpg


電車の音で話し声も聞こえません。

22_201706090820435ec.jpg


「ポッ ポッ ポっ」と
露店に神社に駅舎に明かりが灯ります。

24 (2)


境内の裏では、女学生がヒソヒソ話し。

24_20170609082045ea1.jpg


まっすぐ伸びる線路、30分に1本の間隔です。

25_20170609082047ea4.jpg


この里山で一番高いランドマークタワー「火の見櫓」。

26_20170609082049164.jpg


威勢のいい神輿に興じる里山の村民。

28_20170609082052c6d.jpg


茅葺き家の横では、畑を耕しています。

29_20170609082052453.jpg


分校で遊ぶ子供たち、その脇を静かに走ります。
ホッチキスの針で作った鉄棒。

30_20170609082054822.jpg


里山バスも30分に一本。

31_20170609082055c87.jpg


年に一度の夏祭り。

開放された休日の里山分校では

校庭で元気に遊ぶ子供たちの姿が

ふるき良き 『日本の夏』 があります。

32_20170609082057490.jpg


まだ終わりを迎えない情景レイアウト。


時間がとれれば、校庭に「祭り櫓(やぐら)」の情景小物を買い求めて、
盆踊り大会の風景を追加しましょ。

分光の校庭に「二宮金次郎像」も作りましょうか。


川近くの空き地のスペースも残っているので、
若い頃興じたキャンプの風景も作って、川には釣り人も置いてみましょ。

里山の村民人口も増やして、活気ある村に仕立てましょ。


終わりが見えないレイアウト、

今からの時間もたっぷりあるし、ゆっくりと少年時代を思い出しながら作ります。




下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA

発声禁止 ベッドの周りで四苦八苦

歌いすぎたわけでもないのに、

ドクターから全身麻酔で切除しましょうねと。

そんな簡単に言われても、

全身麻酔も不安だし、

術後に声が出なくなるかもしれないし。


たまたま胃の内視鏡検査で、声帯の右側にポリープありますよと!


手術の前日から入院し、

翌日、手術室まで歩ける人が看護師に連れられ集まってきます。

手術する人の多さにビックリ、10数名はいるでしようか。


入り口に入ると麻酔スタッフ4名が自己紹介、

連れられて長い廊下を歩くと手術室の多さにまたビックリ、

フロアーの大部分を占め、内部に手術室が14室もあります。

その一番奥の1番手術室に案内され、

からだ中に色々なコードを付けられ、

マスクを付けるとあっという間に意識なし。


何をされたか分からないうちに…………


声をかけられ、いつのまにか終了。

瓶に入った切除したポリープを見せられても、

ぼ〜っとしてよく分かりません。


全身麻酔からあっという間の目覚め、

手術は1時間くらいでしようか。


きつかったのは、このあと3時間の安静時。

喋ってはいけないし、

マスクは付けっ放しで喉は乾くは。

麻酔の後遺症で我慢できず、

ひとりでふがふが言ってます。



1_2017053018291138b.jpg


術後から 絶対喋らないことと、
抗生剤とステロイドの吸入器を吸いながら、
喉のケアのための入院が続きます。

2_20170530182912690.jpg


入院した病院は、
官公庁街に囲まれて、
新橋駅も歩いて行けるほど。

2019年の完成を目指して、今建て替え中です。
病室の窓からは、19階建ての新「虎の門病院」が建設中です。

右には星条旗がはためく「アメリカ大使館」、
左奥には「ホテル オークラ」が見えます。
ここの本館も建て替え中です。

5_20170530182916004.jpg


左には、333mの「東京タワー」がビルの間に見えます。

4_20170530182914a60.jpg


声はまだ完全に出せないけれど、
やさしく ハスキーな声になった ような ような。

今からは静かに喋ることを心がけて、

退院したら、
近くの日比谷公園の青もみじでも見に行きましょうか。




下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA

ヒビヤガーデン  ビールはおあずけ

久しぶりの外の空気はすがすがしくて
新緑の日比谷公園まで歩いてみます。

あれれれ !
日比谷公園の噴水広場に大きなテントが建っています。
世界のビールが飲める、世界最大のビアガーデンのテントです。

一杯呑みたいところですが、
喉の手術を終えたばかり、ここは我慢します。

1_20170530181840500.jpg


東京のど真ん中 日比谷公園に
「日本最大級」、「日本最速」のビアガーデンが出現!

春の風薫る 新緑の季節に、
多くの方が、ヒビヤガーデンを楽しんでいます。

2_201705301818428b2.jpg


黄色い泡は我慢して、

「ドイツの白ソーセージとザワークラウト」で満足します。

温められた白いソーセージの皮をむいて食します。
ドイツの白ビールと食べると、なお美味しいのに 当分は我慢です。

3_201705301818437f9.jpg


コーンショット専門カフェ「Anywhere Door」と
コラボレーションした「オリジナルコーンショット」も登場。

つれあいは可愛いい一杯を求めて並んでいます。

4_20170530181845e54.jpg


「サンクトガーレン」のスイーツビールを、
チョコレートでコーティングしたコーンカップに

注いで楽しめるデザート感覚のビールショットです。

バニラチョコ風味のビール「スイートバニラスタウト」を
注いだショットは、コップの縁をカラフルなチョコで飾り、
キュートな1杯です。

5_2017053018184669f.jpg


飲み干すとカップも食べられます。

チョコものどに刺激がありますが、
ほんのかけらをいただきます。

6_201705301818486a5.jpg


食べたいな〜 呑みたいな〜
声を出せるのは、まださき、
年齢とかけ離れた声が出たらどうしましょう。


今日は、30℃にもなる日差しの中、術後の経過を伺いに
Dr.から嬉しいお言葉、またまた日比谷公園まで歩いてみます。

2017_06_02_IMG_6977.jpg


藤だなからもれる木漏れ日、日陰を探して歩きます。

2017_06_02_IMG_6979.jpg


「レストラン松本楼」の窓下は、いつ見ても満開で綺麗です。

2017_06_02_IMG_6986.jpg


あれ!  また噴水広場にテントが張られ、作業員の方が炎天下の中作業をしています。
また、ビアガーデンでしょうか。

2017_06_02_IMG_6987.jpg


今回は、「日比谷 オクトーバーフェスト2017 --SPRING- 」、ドイツビールの祭典です。
期間は、6月2日(金)~11日(日)まで
平日は16時~22時  土日は11時~22時まで ブロースト!! したいけど
もうちょっと お酒は 我慢しましょ。

訪れるたびにイベントが催されている日比谷公園、ここは東京のオアシスです。

2017_06_02_IMG_6988.jpg


公園の前には、勝手知ったる「帝国ホテル」。 
静かな場所のソファーに涼みに行きましょ。


下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。
写真素材 PIXTA
プロフィール

tera

Author:tera
「見て・撮り・歩く」
青空の下、ぶらぶら街を歩き、居酒屋、蕎麦屋、銭湯巡りを楽しんでます。
日常の何気ないこといろいろ書き綴ります。

ようこそ アクセス数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR