FC2ブログ

◯熊本 コバルトアイスには驚いた! 旅先をさるく

来年も溶岩焼を食べたいねと行幸橋を渡りながら話していると、

お〜 褐色の渋い車両が疾走しています。
水戸岡鋭治氏のデザインした新型超低床電車「C O C O R O」。
九州を縦断する「クルーズトレイン ななつ星in九州」の外観によく似ています。

1_20150817133200a49.jpg


平成27年3月31日に閉店した「熊本交通センター」がチラリと見えています。


「センタープラザ」の思い出

昭和43年頃、父に連れられて行った、
交通センターの地下にあった「センタープラザ」、
その一角にあった小さな串揚げ屋さん。

カウンターにもとどかない下で、
弟と二人で食べた串揚げ、
せつなく美味しかった思い出があります。


センタープラザのCM曲が思い出されます。

イズミの広場で〜 会いましょうと〜 ♪
あなたの言葉を〜 思い出す〜
最後のバスは〜 もうすぐ出るのに〜
いつまでも いつまでも〜 センタ〜プラザ〜♪



1-1_20150817133201e7f.jpg
【昭和48年(増築当時)の交通センター】


学生時代「VAN」のお店に通った懐かしい通りに来ました。
長さ511mの高層アーケード「下通り商店街(しもとおり)」を通り、熊本城が見える路面電車通りに向かいます。
ここは、「新市街・上通り商店街」の中央に位置し、熊本を代表するファッションストリートです。
花屋さんでランを求めます。

2_20150817133852c78.jpg


熊本の中心地に出て来ました。
元々の中心街はJR熊本駅にあったようですが、今は3キロほど離れたお城の周りが栄えるようになったそうです。

3_20150817133202d35.jpg


下通りを背にして電車通りを渡ると向かいに「上通りのアーケード街」が見えてきます。
長さは360mあり、衣料品店や雑貨店、書店など、新旧の店舗が混在しています。高い天井からは日光が差し込み、明るく開放感が溢れる通りは、パリのオルセー美術館をイメージしたそうです。

学生時代は、この通りに同級生が住んでいたので、学ランでよく闊歩したものです。

4_20150817133204e1e.jpg


上通り(かみとおり)の入口にある昭和20年創業の「岡田珈琲」昔の面影がそのまま残っています。

5_2015081713320539c.jpg


昭和45年頃、右隣にあった映画館「熊本宝塚劇場」の帰りに気取って訪れたものです。

6_201508171332212a9.jpg


夏の熊本暑すぎます「鶴屋デパート」で涼もうか、
それとも熊本市民が愛する「蜂楽饅頭(ほうらく)」に伺いましょうか。
40年ぶりの再会です。やっぱり長い行列が出来ています。

7_20150817133223db2.jpg


なんといっても名物は「回転焼」、黒あんと白あんがありますが、私は白あん派です。

8_20150817133225bec.jpg


円形部の皮が薄く、豆粒が残った餡が、ぎっしりと重いのです。
難点を言えば開けて見るまで、黒あんと白あんの区別がつかないことですか。

9_2015081713322652f.jpg


回転焼の美味しいのもわかっているのですが、この暑さです。
夏季限定のカキ氷を楽しみます!

値段を見てびっくり、蜂楽饅頭さんの心意気に感謝します!

10_20150817133228cbe.jpg


「宇治金時」と「宇治蜂楽」を頼みます。
宇治金時の中には、蜂楽饅頭の黒餡とは別物の金時餡が入っています。
宇治蜂楽は、バニラアイスが入っています。

ひと口、抹茶は味が濃くてしっかり香る本物です、細かい氷のためかふわふわして頭にキーンときません!。

乳白色の昭和レトロのガラス皿がいいですね〜

11_20150817133258ccd.jpg


大人の味、抹茶を頼んだものの周りを見ると~

なんでしょう! 綺麗な水色赤色を頼んでいる人でいっぱいです。
店員さんもを連呼しています。

お隣りの方も頼んでいます、お願いして写真を撮らせてもらうと、ぼくは赤(イチゴ蜜かけ)に夢中みたい!

注文の半分を占める大人気商品らしいのですが、水色のインパクトは強烈です。
名前は「コバルトアイス」?
どんな味か気になりますが来年の楽しみにしましょ。
しかし、私の子供時代にもあったのかな〜?

12_20150817133259f5a.jpg
※蜂楽饅頭の創業は、昭和28年に水俣市で創業。戦前から養蜂業を営んでおり、戦後、蜂蜜入りのまんじゅうを作って販売。「コバルトアイスの販売時期」を尋ねた所「正確な記録が弊社にも残っておりません。当時を知る人たちに聞きますと、昭和20年代後半には販売していたとの事です。」

営業は10時〜19時、火曜休み
蜂楽饅頭90円
かき氷は夏季限定(5月中旬〜10月中旬販売)


40年も経つと知らない事ばかりですね〜 記憶も薄らいできましたが、
 熊本の町をさるいて記憶を留めます。


次回も暑い日に、城下町熊本をさるきたいものです。


下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA
スポンサーサイト

熊本 思い出ある銀杏城を見上げながら 旅先をさるく

提灯を灯した翌日、熊本電鉄バスに揺られて、日本三名城のひとつ「熊本城」に逢いに行きます。

熊本市役所前で降り、「熊本城長堀」に向かいます。
現存する城郭では、一番長く242mもあるでしょうか。
内堀には坪井川を有し、外堀には白川を利用した難攻不落の城です。

1_20150817131218c1d.jpg


緑の芝の上に石垣と黒塀のコントラスト、格調高く美しい場所ですね〜。

2_2015081713122082f.jpg


「長掘通り」を歩いていると、色鮮やかな肥後つばきのマンホールを見つけました。「熊本市の花」です。

3_20150817131221e7c.jpg


熊本城を築いた加藤清正は、今でも熊本市民から清正公(せいしょこ)さんと呼ばれて慕われています。

4_20150817131223ea6.jpg


「清正公像」は、甲冑と長烏帽子姿で、戦国の要塞熊本城を背に、戦いの陣中に座るような姿で、まさに熊本を守らんとしているかのように鎮座しています。

5_20150817131224b6e.jpg


銅像の背後にのびる行幸坂(みゆきざか)は熊本城内へと続いています。

6_20150817131248a66.jpg


城内への入口まで坂道が続くので、「桜の馬場 城彩苑」から「頬当御門」まで無料シャトルバスを使います。
7分間隔で走っているので使い勝手がいいのです。

8_201508171312490e0.jpg


お城まで楽に行ける門が、ここ「頬当御門(ほほあてごもん)」です。
本丸中心部を顔に見立てると、この門は頬のあたりになることから、顔の前に当てる甲冑の部品の名前から名付けられたようです。
初めての人は、この門からの入城がおすすめです。

9_2015081713125147c.jpg


久しぶりにお城の中を見学します。
熊本城は、何と言ってもこの石垣です。「武者返し」は言うに及ばず、優美にして堅牢な石垣は「清正流」と呼ばれています。

10_20150817131252205.jpg


学生時代この場所は、石垣の絵を描くためよく通った懐かしい場所です。

11_20150817131254bc4.jpg


平成20年春に復元された「本丸御殿」、藩主の居間や接客の場などに使われた熊本城の中核をなす建物です。

12_20150817131311d55.jpg


「昭君之間(しょうくんのま)」は、眩しいくらいに輝いています。

13_201508171313130ff.jpg

14_20150817131314adc.jpg


上を見上げると90cm四方の折上げ格天井、金箔の上には植物の絵が繊細に描かれています。

15_201508171313164ff.jpg

16_20150817131317ac6.jpg


御殿の廊下を歩いていると、ヘリコプターが離陸しているのが見えます。遊覧ヘリでも出来たのでしょうか。
カメラの望遠で見ると胴体に熊本県のマークが付いています。
調べてみると、急患を「国立病院 熊本医療センター」に搬送するため二の丸広場を発着場所として使っていたんですね。

17_20150817131336d1b.jpg


お城前の広場にやって来ました。
堂々したお姿です、天守閣は復元され、瓦の列や数まで細部にわたって忠実に再現しているそうです。

18_2015081713133819c.jpg


「宇土櫓(やぐら)」は、創建当時から残る唯一の多層櫓です。
地上5階地下1階もあり、他のお城では優に天守に匹敵する大きさが、当時の熊本城の櫓にいくつもあったそうです。

19_20150817131339e8b.jpg


バスを待って「桜の馬場 城彩苑」におります、ここは昔市民プールがあった場所ですね。
高くて怖い飛込み台に足が震えたものです。
今は、手前にある「湧々座(歴史文化体験施設)や桜の小路(食事土産処)」の観光施設がオープンしています。

20_201508171313415e0.jpg


さてお昼も近く「阿蘇庭 山見茶屋」に寄ってみます。
名物の馬肉溶岩焼コースを頼んで見ます。

21_2015081713134232f.jpg


馬肉を焼いて食べるのは初めてです。
熱せられた溶岩の上に馬肉を広げて、タレつけて食べます。あまりの美味しさにお代わりしたいぐらいです。
上質な馬肉で、さらに郷土料理のだご汁や厚揚げなどか付いて阿蘇の高森にいる気分です。

22_201508171314018bb.jpg



3時間ほどの城めぐり
離れて40年もなると、懐かしさが増していきます。

もうちょっと歩を進めてみましょうか。


下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA




熊本でオレンジラインの銀座線と再会 旅先ぶら~り

東京から空路、熊本へ向かいます。

1_20150809150155430.jpg


降り立つと変わらぬ暑さですが、東京ほどむっとする熱風は感じられず、日陰に入ると心地いいのです。

甥っ子の迎えで、お昼のラーメン屋へ直行してくれます。
いつも帰るたびに食べ損ねている熊本ラーメン。
近くの「味千ラーメン」に連れて行ってもらいます。

注文したのは、味千のノーマル拉麺、国内店舗89店、海外には なんと691店舗もあります。

2_20150809150157e6a.jpg


もう一つは、「太平燕(タイピーエン)」。中国福建省の家庭料理をヒントにした熊本の郷土料理です。
野菜が多く麺は、はるさめなのでカロリー抑えめです。

3_201508091501584d2.jpg



荷をほどき、友人に逢うために、子供のころよく使った「愛称 菊池電車」の「堀川駅」へ向かいます。

4_201508091501595d1.jpg


よ~く 歩いたあの頃のままの懐かしい枕木です。

5_20150809150202da3.jpg


来ました、東京の「都営三田線」を走っていた6000系です。
車両の先頭につかまり、昔昔あった家を左に想像しながら、線路脇の雑草を眺めます。

5-1_201508091502365d7.jpg


あの懐かしいゴットン ゴットンの音、揺られること数分、分岐する「北熊本駅」が見えてきました。
あれっ ホームの右に停まっているのは、東京メトロ銀座線を走った01系では ?

6_20150809150238450.jpg



仕事でよく使った銀座線、熊本の地でまた巡り逢うことが出来ました。

私の乗っている三田線は「藤崎宮駅」へ、オレンジラインは「上熊本駅」へ向かって分かれます。

7_20150809150239468.jpg




友人と下通りで待ち合わせて、行きつけの店へ向かいます。
40年来の友人と近況報告やこの歳になると話題になる身体のこと、あっという間に時間が過ぎていきます。

8_20150809150241ad2.jpg


友人おすすめの夏季限定の「八海山 特別純米原酒」をいただきます。
キンキンに冷やしたショットグラスに、氷温(マイナス12℃)に冷やした八海山を注ぎ、またの再会を約束して、一気に飲み干します。

9_20150809150242866.jpg



 熊本の初日は、静かに過ぎていきます。 


下のリンクは、私のピクスタのアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA





春うらら小江戸川越の桜とお芋 花散る風の前に

4月2日、雨が降るかと心配しながら、自宅から小一時間、埼玉県の川越駅に着きました。

1_201504031100395ed.jpg


天気は快晴18度くらい、明日は南から強い風が吹くとか

花散る前に、今年最後の花見をして来ました。


毎年1泊旅行に行く先輩たちと、少人数の集まりになりましたが日帰りでぶらぶらします。


真北に伸びる「クレアモール」1200mの商店街を歩いて「中院」に向かいます。

2_20150403110040f30.jpg


途中のお店も川越ですね~ 芋 芋 芋のお店があります。

3_20150403110041f18.jpg



右に折れ住宅街を歩くと「中院」が見えてきました。

4_20150403110043a04.jpg


しだれ桜は終わったようですが、染井吉野桜は満開です。

5_20150403110045dad.jpg


6_20150403110058295.jpg


桜の枯木が、柵を食べています。

7_20150403110100ad2.jpg


日本3代東照宮のひとつ「仙波東照宮」に寄ってみます。

8_2015040311010129f.jpg


「喜多院」 の廻りはお堀があり広い敷地です。

9_20150403110103c6e.jpg


桜は満開、出店からは美味しそうな匂いがただよっています。
多くの人がお花見に興じています。

10_201504031101044ca.jpg



11_20150403110118ea0.jpg



12_201504031101194ef.jpg



お昼は、「和洋御食事処 栄」に向かいます。喜多院から5分、家庭的なサービスと本格フレンチ・和食が味わえる隠れ家的なお店です。大正13年築の建物は時を忘れる佇まいです。

13_20150403110121d2c.jpg


13時ころ中に入ると人で一杯です。
掘り炬燵の席を予約したのでゆっくりと座れます。

ここの店の不動の人気メニューは、
とろける軟らかさの「牛舌シチュー」や
帆立の殻で焼いたグラタン風のお料理「帆立貝のコキール」や
1分ほどで焼き上げる薄切り醤油味「牛肉のミニッツステーキ」です。


楽しみにしていた「帆立貝のコキール」は前もって予約しなければ出来ないそうです。

あ~っ 予約時に教えていただければ 良かったのですが。


みんなで思案して、姉姉貴さんは「サッパリ醤油味の若鶏の網焼きコース」、姉貴さんは「お箸で食べられるステーキ!ミニッツステーキコース」、私は「牛タン か ビーフが選べるこだわりのシチューコース」をいただきました。


この各コースにポタージュ・グラタン・サラダ・ライス・コーヒーが付きます。

14_2015040311012200d.jpg


ゆっくり2時間半食事をして、「大正浪漫夢通り」から「蔵づくりの町並み」を歩きます。
車道には車が頻繁に通り、出来れば歩行者天国になればと思います。

15_20150403110124e13.jpg


「時の鐘」は時間になると電動で、撞木(しゅもく)が動き、撞(つ)き鳴らします。
「ゴーン、ゴーン」と柔らかい音色が響きわたる川越のシンボルです。

16_20150403110142b82.jpg


そのお隣に「菓匠 右門」の「いも恋」が気になります。

17_20150403110144f1e.jpg


さつまいも、つぶ餡を山芋ともち粉の生地に包んだお菓子です。
熊本郷土料理の「いきなり団子」によく似ています。

18_20150403110145747.jpg


「菓子屋横丁」を歩いていると、室岡製菓の「芋天玉」が目につきました。
「浅草舟和」のあんこ玉がさつまいもになっています。

19_20150403110147e39.jpg
 

芋ようかん2個、あんこ玉2個、芋天玉4個のセットで リーズナブルな300円
家に帰って、美味しくいただきました。

20_20150403110148156.jpg



美味しく 楽しく 気持ちのいい 日帰りぶら~り になりました 


 姉姉貴さんからは、手づくりのケーキをいただき、
 姉貴さんからは金沢の白えびおかきをいただき ありがとう御座いました。

なんて魅力がある街なんでしょう。 もう一度ゆっくりと伺おうと思います。


今回行かれなかった先輩たちへ 連絡が遅れてすいません。

予定通り 行くことになりました。

 来年は「しだれ桜」満開の時にご案内します。   

 


   川越の芋づくし、お付き合いありがとうございました。







「12deck 豪華客船 飛鳥Ⅱ」の船内をぶら〜り 

飛鳥表紙


最上階まできました、空は青々とし、フラッグがたなびいています。
スパにぶら〜りと向かいます。


         0_201502101130312bb.jpg


deck-12-1.jpg



〔ウインブルドンコート〕
12デッキに周りを網で囲んだコートが備えられています。
クルーズならではのスポーツ「パドルテニス」、約半分の広さのテニスコートで、パドルと呼ばれる船のオールの形をしたラケットを使ってボールを打ち合うスポーツです。
ルールはテニスとほぼ同じ。年齢性別をとわず参加できます。

1_201502111508077e5.jpg


〔グランドスパ〕
全面ガラス張りの展望浴場で、ジャグジーやドライサウナ、スチームサウナもあります。
バスタオルもフェイスタオルも準備されていて、フィットネスが終わったら何も持たずにお風呂へ行けます。
もちろん、ボディシャンプーやシャンプー、コンディショナーも完備されています。

最上階に位置する展望大浴場です。
オーシャンビューを眺めながら、ゆっくりと過ごす癒しの空間は日本船クルーズでしか味わえない特別な体験です。

2_20150211150808907.jpg

2-1_20150211150810195.jpg


〔フィットネスセンター〕
飛鳥では必要なフィットネス、朝食から深夜の夜食まで船上には美味しいものが多くて、ついつい食べ過ぎてしまいます。
ランニングマシンやバイクもありストレッチスペースもあり、バランスボールやヨガマットなどもあります。

3_20150211150811bc7.jpg



〔アスカ アヴェダ サロン&スパ〕
植物由来のヘアケア・スキンケア商品で世界でも高い評価を得ている「AVEDA」初の洋上サロン&スパです。



〔エレベーター〕
この最上階のデッキには、EVが1基あります。  船尾側のフイットネスのEVのみです。

飛鳥 (422)

「こちらをクリック」

飛鳥クルーズに乗船する方は、
3月28日公開「飛鳥Ⅱわくわくクルーズデビュー〔~受付〕」 こちらをクリックしてください







プロフィール

terra

Author:terra
「見て・撮り・歩く」
青空の下、ぶらぶら街を歩き、居酒屋、蕎麦屋、銭湯巡りを楽しんでます。
日常の何気ないこといろいろ書き綴ります。

ようこそ アクセス数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR