FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 恵比寿ウエスティン シュークリーム 雨もふりふり 隅田川の花火

7月22日の土曜日は、家から大きく見えるすぎる「39回目の足立の花火。」
姪っ子もなん年ぶりに訪れて、「宇豆基野」のお惣菜をおつまみに今年初めのお花火。
2017_07_22_IMG_7397.jpg
タカラ湯の銭湯の煙突を入れて、花火をパチリ。
2017_07_22_IMG_7409.jpg
忙しくイカを焼くうなぎ屋の主人、頭上で花開くお花火。
2017_07_22_IMG_7403.jpg
姪っ子が予約してくれた、恵比寿ウェスティンホテルのシュークリームをいただきます。
2017_07_22_IMG_7417.jpg
あまりの美味しさに感謝 感謝。
2017_07_22_IMG_7418.jpg
冬、ウェスティンで食べた「抹茶シュー」。すでに白いシューは売り切れ。
2017_01_06_IMG_6486.jpg
中を開くと抹茶・抹茶、飽きてきます。白いシューが断然美味しい。
2017_01_06_IMG_6487.jpg
29日の「40回目の隅田川の花火大会」、あいにくの雨ですが、ベランダから花火見物。
ビールと枝豆で乾杯です。
このブログを作りながら、つれあいの花火に驚嘆するお声が、部屋中に響きます。
さてさて、私もビール片手にお隣に座りますか……
2017_07_29_IMG_7485.jpg
第2会場のお花火、撮ると小さいけれど、見た目はかなり大きいのです。
TRA_6296.jpg
スポンサーサイト

◎三ノ輪 みどりの中のむぎわらい

お昼に寄った「カフェむぎわらい」は、厳選素材を使った天然酵母のパンを販売しています。

1_20161114092021022.jpg


パン工房は、2階で焼きあがります。

2_20161114092022f76.jpg


天然酵母なので、お子さん連れのお父さんも来店します。

3_20161114092023692.jpg


頼んだのは、パンいっぱいの「パンの盛り合わせとスープ」

4_20161114092025c01.jpg


お砂糖やお塩を使わないパン。具だくさんなスープ。

余ったパンは、袋を用意してくれます。

5_20161114092027b86.jpg


テーブル席は3つと大きなデーブルの小さなカフェ

6_2016111409212179d.jpg


もう一つ頼んだのは、乳製品が使われていない「ひよこ豆のカレープレート」。

7_20161114092123a9a.jpg


雑穀をたっぷり使ったパンや玄米ごはん、カレーも多くておなかいっぱい。

8_20161114092124c01.jpg



 " 美味しいパン屋さんが増えるのを願います "

 "帰りは「ジョイフル三の輪商店街」で姉妹で営む餃子屋さんに立ち寄ります。"
 



下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA

荒川区小台 気持ちのいいお銭湯「小台 梅の湯」

正月2日、「正月朝湯」に浸かりに都電小台駅近くのリニューアルされた銭湯「梅の湯」に向かいます。
番台では先着200名にkaoの石鹸を配っています。
晦日には、年越しそばも振る舞われて、何と心くばり良き銭湯です。

1_20161225142151196.jpg


1階には、ランドリー、風呂上がりの焼き鳥屋もあり、下駄箱とエレベータ。

2階には、フロントと広いロビースペースがあります。
ほほ笑みを絶やさない女将さんと先代の女将が対応してくれます。

2_20161225142153b4d.jpg


ほかの銭湯場にはない、女性のための「魔法のドライヤー HAIRBRAUZER」
使えば使うほどツルツルの髪が痛まない魔法のドライヤーを50円でレンタル利用できます。

それに、「3種類のノンシリコンシャンプー」や「オーガニックボディソープ」がレンタルできます。


浴槽には、身体がポカポカになる「水素水風呂!」

そして奥のスペースには、半露天風呂もあります!
屋根の先に見える正月の青空には、一本の航跡が見え清々しい気持ちになります。

3_201612251421550ab.jpg


提案したいのは、足立のキングオブ縁側と云われる「タカラ湯」のペンキ絵
「銭湯絵師 中島氏」が描いた3m×1.5mの設置しやすいペンキ絵。

こちらを「梅の湯」の時計の上に飾れば、浴室も華やぐのでは。私からの提案です。

IMG_5114_20161225175003210.jpg


風呂上がりには、併設してる「焼鳥 梅京」で一杯、2日からやってるとは驚きです。

20170109183842fb4.jpg


家から自転車をこげば10分ほど、綺麗なお風呂と充実した設備に足が向きます。


いま時の銭湯は、こんなに変わってきました、温泉が湧いている銭湯もあったりと

スーパー銭湯のお値段から見ると、リーズナブルな湯浴み値段は460円です。


東京都にある銭湯数は628湯、117湯を巡った私 まだまだですね。   




下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA

町屋 木版画 摺り師に開眼 ? 木に登る ! 

雨が降り続ける、僅かな晴れ間の日に「荒川区観光ボランティアガイドと行く ものづくりツアー」に初めて参加します。

集合まで時間があるので、京成町屋駅近くにある創業昭和26年の「平山珈琲」に寄ります。

IMG_2734.jpg


酸味が少なく苦味成分が強いコーヒー「マンデリン」を注文します。
お店の横には路面電車がゴットンゴットンと走っています。
ご主人から都電荒川線の延伸計画のお話しを伺えました。
2020東京オリンピックの開催にまに合わせ「三ノ輪橋から浅草方面、早稲田から高田馬場方面」に延伸する計画があるそうです。

2_2015090616015277c.jpg


集まった方は老若男女の7名、荒川区の、江戸からの伝統技術を持つ職人(荒川マイスター)を訪ねます。

今日は、「木版画摺り」と「生地製カードケース」を体験します。


まずは、「木版画摺 松崎大包堂」に向かいます。江戸木版画摺り師の工房です。

3_20150906160153506.jpg


驚いたことに、「のし紙」の完成品があります。
聞くと、あの有名な日本の封筒、便箋の発祥の店、日本橋の老舗和紙店「榛原(はいばら)」で販売しているそうです。自宅の近くに凄腕の職人さんがいるんですね。

4_20150906160155b9c.jpg


一人ずつチャレンジします。
版木にヤマト糊を垂らし、
溶き棒で絵の具を取り、ブラシに馴染ませます。
版木に満遍なくブラシで色を付け、手早く進めます。
両手の人差し指と中指で和紙を挟み、「鍵見当」と「引きつけ見当」に位置を合わせ和紙を置き、バレンに力を込め こ摺ります。

5_2015090616015734c.jpg


完成しましたが、やはりズレとバレン使いが難しいですね〜。
以前、版画年賀状に凝って7色摺りの経験があったからでしようか。
摺り師の方から『やってましたか ! 上手いですね』と。お褒めの言葉。
後継者になろうか迷います。

※「見当を付ける」「見当違い」「見当外れ」という言葉は、この版画用語からきています。

6_20150906160215562.jpg


師匠にお礼を言いもう一軒の「モノづくり体験・見学スポット」「衣装着人形 竹中雛人形製作所」に向かいます。
明治時代からの創業で、雛人形や武者人形の衣装着人形を作っています。

7_201509061602162a0.jpg



女将さんに「竹中」という名前、
まさか「竹中半兵衛の末裔ですか?」と聞いたところ 、
驚く間も無く「そうですよ」と謙虚に答えます。
羽柴秀吉の参謀や軍師を勤めた歴史的なお方が末裔とは。凄いお店です。


女将さんに、「西陣織のカードケース」を習います。

8_20150906160218953.jpg


西陣織の端布の中から、金らん花づくしの模様に橙色を合わせ、二枚の布を選びます。

使用する道具は、厚紙、ボンド、アイロン、クリップ、千枚通しのこれだけです。

9_20150906160219a01.jpg


布がたるまないようにピンと張り、カドを押さえ千枚通しで端を揃えます。

僅かな道具でこんなに綺麗な物が出来ました。

10_2015090616022193b.jpg


いい色合いのカードケースが出来ました、女将さんに伺うと外国出張のお土産に大量の注文があるそうです。

11_20150906160301881.jpg



御主人と女将さんにお礼をいい、集合場所に戻ります。

2時間半のモノづくり散歩、貴重な体験をさせてもらいました。


 持ち帰るとつれあいは、美容院のカード入れに使ってくれるそうです。



下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA


町屋 「夕焼け酒場 BS-TBS」 あらよっと !

今日は「大衆酒蔵 甲州屋」の御主人に誘われて、4時すぎにお店に伺いました。

BS-TBSの土曜日6時からの30分番組「~癒・笑・涙・夢~夕焼け酒場」の撮影があるとのこと。

出演者は「きたろうさん」、カウンター越しに飲みながら、御主人や女将さんにお店の歴史や料理やポリシーを聞きながら語らう番組です。

視聴者が家にいながらも、下町大衆酒場空間に一緒にいて、一緒に酒を飲み、一緒に会話を楽しんでいる ような さも酒場に行ったような実体験しているような雰囲気の番組です。

きたろうさんが、やさしい語りで話しをうま~く引き出し、ほっとする番組です。


3時間の撮影、スポンサーの「宝酒造㈱」の宝酎ハイを飲みながら、
カウンターに座りお客さんAで出演しました。


撮影のあいまにお隣のお客さんがサインを求めています。

コピー (1) ~ 1(修整1)


肩の力が和らぐようなサインです。

  「人生気楽に はっと ホッと  あらよっと  きたろう!」

2_201507161026258a4.jpg



長~い撮影も終わり、きたろうさんは忙しく次の仕事に向かいました。

皆さんひとりひとりに挨拶して、夕焼けに染まるのれんをくぐって行きます。


 どんな映像が撮れているか楽しみです。
【 放送 8月15日 BS-TBS 1800~1830】
 前回出た「おんな酒場放浪記 BS-TBS 甲州屋編」よりはいいかも。

IMG_2655.jpg



※ひとりごと
めだかを飼って2年目、ベランダの片隅に睡蓮鉢を置いて毎日を楽しんでいます。
赤いめだかの「楊貴妃」がたくさんの卵を産み育ってきました。
あまりにも多いので、40数匹を瓶に分け入れ、つれあいの職場のお子さんにプレゼント。

3_20150716102626840.jpg


まだ体長は1センチ、エサはまだ稚魚用の粉末のエサです。

4_201507161026281e9.jpg
 

 下のリンクは、私のピクスタのアカウントです。販売中の写真を見ることが出来ます。どうぞご覧下さい。

写真素材 PIXTA

 

プロフィール

tera

Author:tera
「見て・撮り・歩く」
青空の下、ぶらぶら街を歩き、居酒屋、蕎麦屋、銭湯巡りを楽しんでます。
日常の何気ないこといろいろ書き綴ります。

ようこそ アクセス数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。