FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬 鬼ひもかわ ツルリ ツルリと 鬼ひもかわ

屋形船で会う前に
草津温泉に向かう弟夫婦
珍道中も楽しそうな旅のよう
館林市で途中下車し、向かうはあの有名な「花山うどん」
創業は明治27年
「鬼ひも川」をお土産にいただきます。
1_201706160844478c3.jpg
茹でれば、5cmもあろう幅広なうどん
喉越しよく食べてしまうと、痛めた喉に引っかかりそう。
よ~く噛みしめて、食感を楽しめるうどんです。
まず再現したのは、ツルリ感を楽しむ「ざるうどん」
2_20170616084449119.jpg
幅3センチの「鬼ひも川」の乾麺を大きな鍋で茹でること11分、冷水でしっかりもみ洗いしコシを出します。
お箸ではさむのも楽しく、この弾力と食感がたまりません。
箸から滑り落ちて食べづらいのも、ツルツルプルプリ感のたまものです。
3_20170616084450af9.jpg
もうひと品は、花山うどんの定番「肉釜玉うどん」。
IMG_7095.jpg
用意するトッピングは、味付け豚薄切り肉 、玉ねぎスライス、めんつゆ、温泉たまご 、青ねぎ、きざみのり、かまぼこのオールキャスト。温泉たまごも茹で過ぎて このとおり。
冷たくてもいいのですが、ゆで上げた麺を熱いまま器に盛りトッピングを飾り付けメンつゆをかけます。
4_201706160844520b1.jpg
よくかき混ぜて、温かい麺を食べるとモチモチの食感を楽しめます。
5_201706160844542ae.jpg
残った「鬼ひも川」をふるさとの「だご汁」にしていただきましようか。
熊本県では「だんご」を「だご」と呼ぶことからこう呼ばれています。
本来、小麦粉を練ってちぎった平らな団子を使うのですが、「鬼ひも川」に替えて作ってみましょ。
阿蘇だとミソ味をベースに豚肉、ゴボウ、ニンジン、大根、里芋、椎茸の山の具を入れますが、有明海は貝類と鶏肉を入れ、すまし汁風のだご汁を作るようです。  ちなみに大分は「だんご汁」と呼びます。
さてどの味で楽しみましょうか。
今度は、本場の茹で加減を賞味に近場の「花山うどん 銀座店」に寄ってみましょ。

下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。
写真素材 PIXTA
スポンサーサイト

◎青いろを好みます 阿蘇たかな新潰

この時期、大好物のできたての「阿蘇たかなの新潰」が届きました。

1_20170408115121e3b.jpg


阿蘇は、標高約500mにあり、南国九州とは言え夏は涼しく、
冬は積雪も珍しくない寒さの厳しい気候です。

また、活火山『阿蘇山』の世界有数規模のカルデラの中で人々は生活し、
この限られた土地で栽培され、
そしてこの風土と火山の恵みによって生まれたのが『阿蘇たかな』です。

2_2017040811512236d.jpg


『阿蘇たかな』は、秋に種を揺き、芽吹き10cmほどの葉を広げ
そのままの状態でじっと冬を越します。

3_20170408115124947.jpg


雪に埋もれ、まるで冬眠するかのように春を待ちます。

これが独特の辛味や風味を蓄えるもとだと思われます。

春先の暖かい雨が降るとそれまでじっとがまんしていた茎がぐんと伸びます。

その一気に伸びたやわらかい茎の部分を一本一本手で折ります。

この事から『阿蘇たかな』の収穫を『たかな折り』と呼びます。

この『たかな折り』と『野焼き』が阿蘇の春の始まりだそうです。


4_20170408115125f4e.jpg


あお高菜の初々しい色をめで
高菜の水分を適度に絞り、5cmくらいに切って、おかかをかけていただきます。

離れて41年、ふるさとを思い出す 懐かしい味です。


赤く熟した 甘~いトマト そろそろ食べごろに

掛川 「石山農園のトマト」、全国の高級レストランのシェフから高い評価をえています。

1_20170318103036be4.jpg


作り手の石山さんが40年以上も、高濃度トマトを作り続けています。

TRA_6089.jpg


トマトの生命力を引き出す、これが生産者の作り方であり、こだわりです。

TRA_6094.jpg


口に含むと甘い果汁が からだにしみわたります ありがとうございます。

「出来たてのモッツァレラ」をはさんで、ワインとともにいただきます。

TRA_6097.jpg


「カチョカバロ」をとろ~りとのせた、「完熟TOMATO+カチョカバロ」。


TRA_6118.jpg


さっそく 作ってみましよ!

TRA_6120_20170319213231eea.jpg




下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA

のどに優しい きんかん 春姫

最近、喉の調子がおかしいような

声もかすれてるような

咳も止まらず、肺機能も低下しているような


そんな日、目にも鮮やかな『黄色い』まん丸の可愛いい実が届きました。

1_20170303080526645.jpg


送ってくれたのは郷里の弟夫婦、私のからだを気づかい

子供の頃、喉が痛いときに食した 懐かしく微笑ましい 黄色い実です。

2_20170303080528650.jpg


黄色い実は、鹿児島加世田産の「春姫 金柑」


皮の部分には、ビタミンPが含まれています。

・血管の強化
・血中コレステロール改善
・血流改善効果
・抗アレルギー作用
・発ガン抑制作用
・動脈硬化
・心筋梗塞 の生活習慣病も改善する、からだにいい食べ物です。

栄養を損なわずに摂取するなら 生のまま 丸かじりが一番です。

3_2017030308052981c.jpg



 " ありがたいものです 目に写る色も優しい 金柑を ひとつ摘みます "




下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA

熊本 粋な「来民澁團扇」をかざる

弟から渡されたのは、大きな包

1_20160830113554589.jpg


中にもう一つの包が

2_201608301135561d2.jpg


黄土の包には、絵柄が

3_20160830113558b65.jpg


渋うちわの文字が

4_20160830113559da1.jpg


中にもう一つ、紐で閉じられた観音開きの包が

5_2016083011360107a.jpg


「創業明治22年 熊本伝統工芸品 来民澁團扇(くたみ しぶ うちわ)」と記されています。

6_20160830113635797.jpg


紐をほどき開くと、飾り板と和紙団扇が入っています。

7_20160830113636089.jpg


私の好きな逸品ですね~

この夏場、出掛けに扇子(せんす)、銭湯に団扇(うちわ)は必需品です。
こちらで有名な団扇、扇子屋さんは、日本橋にある安土桃山時代(1590年)創業の「伊場仙(いばせん)」ですね。


いただいた逸品は、熊本県の伝統工芸品として認証されている「来民の渋うちわ」 栗川商品製。

県北の山鹿市の東部に在る鹿本町来民(かもとまち くたみ)で作られ、京都や丸亀とともに団扇の三大産地とされています。

慶長5年(1600年)、四国丸亀の旅の僧がひと宿の謝礼として団扇の製法を伝授したのが「来民渋団扇」の始まりと云われています。

創業はおよそ380年前、肥後の国 山鹿郡は、当時より楮(こうぞ)の木(製紙の原料)の産地とし有名であり、『山鹿灯籠』を製作する堅牢なる和紙の産地であり、加えて竹林繁茂という土地柄もあり、当時の藩主 細川候が渋うちわの製造を奨励し、この地の主要産業になりました。


8_2016083011363832b.jpg



山鹿の地には、国指定重要文化財の「八千代座」があります。

平成2年から歌舞伎を公演している「坂東玉三郎」や「市川海老蔵」「中村獅童」「市川猿之助」のそうそうたる役者が公演しています。

8-1_20160830113640f7d.jpg


団扇の絵柄は、そのひとり『四代目 市川 猿之助(いちかわ えんのすけ)』の「隈取り」です。

9_20160830113641144.jpg


屋号は澤瀉屋(おもだかや)。

10_20160830113700fc1.jpg


飾り台も付いて、真竹を小割りした骨に和紙を貼り、柿渋を塗って、優雅な色と強度を増しています。

11_20160830113701d19.jpg


飾り台に乗せると なんとも粋な逸品です。

12_201608301137037b0.jpg


原料の竹材は阿蘇外輪山(鹿本郡内)の山林に繁茂する7寸以上の真竹を使います。

13_20160830113704336.jpg


14_201608301137065f2.jpg


14-1_20160830113735caf.jpg



紙は手漉きの和紙に生麩糊、仕上げに柿渋、ワニス、うるしの染料を使います。

15_20160830113737a42.jpg



渋うちわは、柿渋を塗ることにより、和紙をコーティングする役目があり、丈夫で長持ちするうちわに仕上がります。

16_20160830113738ec7.jpg


年をおうごとに色合いにも深みを帯びていくんでしょうね。

17_20160830113740c65.jpg


 有りがたいものです。 大事に飾り眺めます。


この地山鹿の地は、『山鹿灯籠まつり』で有名です。
8月16日の盆の送り火に、燈籠を頭にのせて踊る「千人燈籠踊り」は圧巻です。

18_20160830113741f77.jpg



【山鹿灯籠まつり/千人灯籠踊り/よへほ節】 ビデオ。 ▶をクリック、音声あり。
3分30秒、ライトアップがブルーに変化します。




【来民澁團扇 市川猿之助 隈取り】ビデオ。▶をクリック、音声あり
[広告] VPS


別ブログの「ひとり ときどき ふたり旅・さんぽ」gooの閲覧ランキングも
290万ブログ中、2,600位。多くの方が見てくれています。感謝 感謝!

健康年齢も70くらい、残りは10数年。
長生きしてもわずか20数年、年数が経つのも早いですよね。
皆さんもよくよくご存知のように寿命は年々減っています!
永く感じられるように、ゆ〜ったりと過ごしましょ!

残るブログを誰かが見てもらえれば、作り甲斐もありますね。




下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。


写真素材 PIXTA

プロフィール

tera

Author:tera
「見て・撮り・歩く」
青空の下、ぶらぶら街を歩き、居酒屋、蕎麦屋、銭湯巡りを楽しんでます。
日常の何気ないこといろいろ書き綴ります。

ようこそ アクセス数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。