FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦松梅 有田焼に飾る

20代の頃、岡山倉敷で記念にと求めた、茶褐色の素焼きの「備前焼」や、

滋賀甲賀の土色の焼きを楽しむ 「信楽焼(しがらき)」もお気に入りでしたが

1_20170729105528d2e.jpg


この年にもなると、いただいた艶やかな色合いも長く付き合っていると愛着を感じます。

2_20170729105530b95.jpg


この中に入っていたのが、つれあいがおすすめする 「錦松梅(きんしょうばい)」。

江戸の風味を今に伝える東京伝統の「高級ふりかけ」です。

3_20170729105531c9b.jpg


創業者の「旭翁(きょくおう)氏」は、『掛川藩』の武士の家に生まれ、

美味いものを求めて、全国を歩いたという食道楽でした。

子供の頃、寺子屋でいつも食べた弁当のおかずが、かつお節を削ったもの。

それが気に入らず、自らの手で長い年月をかけて作り上げたのが、ふりかけ「錦松梅」なのです。


もとは、華道古流の師匠であった妻のもとに集まる婦人や令嬢に供していたそうです。

ある時、社長令嬢の結婚式に引出物で出したところ、

そのえもいわれぬ香り、風味、口あたりが、たちまち評判になったといいます。

4_201707291055325e6.jpg


職場近くの東京四谷左門町の地に商品として産声をあげたのが昭和7年。

社名の由来は、趣味であった盆栽の中から、

代表的な「 錦松(にしきまつ) 」と「 梅 」を合わせ、「錦松梅」と名付けたそうです。

東京では名のしれた、なにげない高級ふりかけ。



【回顧】

記念日に素敵な有田焼の器に入った高級ふりかけの錦松梅をいただいたものです。

2017_07_29_IMG_7444.jpg


昔は、よくCMで見かけましたが、

鰹節をはじめ、白胡麻、きくらげ、松の実など山海の素材が沢山入って、

風味のあるソフトなふりかけを大事に食べたものです。

なんとなく、これは自分で買うものじゃないような気がしていました。

5_201707291055345b5.jpg


中味より有田焼の器が、高価なご贈答品という想いがあります。

有田焼の新柄は、藍色をほどこし、器の中に錦松梅のふりかけをおさめ、

食台の真ん中で、思いをめぐらす時間を作れます。

6_20170729105535dec.jpg

今は、20年前にいただいた器に、二人の好きな野沢菜や奈良漬、あお高菜をいろどります。


今年もお盆近くに訪れた、東京の街なかでは珍しい 『オニヤンマ』 一匹。

妻が声を押し殺して、教えてくれます。
ベランダの隅に、朝から夕方まで羽根を休ませています。

TRA_6382.jpg


あぁ~ そうです 『今日は亡父の誕生日」です。 
オニヤンマになって来るところが父らしい。

つれあいと触れ合って、記念写真。

2017_07_30_IMG_7489.jpg

アサガオの葉の上にそっと置くと、羽根をゆっくりと動かしたかと思うと 飛び立っていきました。

普段は来ないのに、お盆の時期が近づくと……  
ベランダの手すりに乗り、つがいの鳩が部屋の中を見てたりと、いろいろなものに化身して立ち寄ってくれます。

仏壇があるのは故郷なので、形式ばかりの場所を作り、毎朝お祈りするおかげかも。

つれあいのお父さんも そろそろ来てくれる頃、お待ちしています。


下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA
スポンサーサイト

天使の村の栗 足立音衛門

小袋もシックで、遊印の妙

1_201707301016072ce.jpg


包装紙にも、「音衛門」の遊印が素朴です。

2_2017073010160933c.jpg


栗に天使の羽根がついて、ワクワク感が広がります。

3_201707301016114fc.jpg


なめらかな質感「天使の栗のケーキ」。

4_2017073010161259b.jpg


南米チリ「Los Angeles(ロスアンヘレス=天使)」の村で収穫された栗、

「音衛門の工房」で仕立てられました。

5_20170730101613284.jpg


発酵バターに和三盆糖も入ったケーキ生地、そして栗ゴロゴロのケーキです。

6_2017073010161597c.jpg


手に持つとズッシリと重たくて、食べると優しい食感と栗の大きさにびっくり。

上品な甘いバターの香りがして、驚くほどしっとりしています。

京都福知山にかまえる「足立 音衛門(おとえもん)」

いつもいつも美味しいもの ありがとうございます

7_20170730101616ed2.jpg


今度は、「栗のテリーヌ」なるものを求めてみましょ。



下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA

かずやの煉 笹に包まれた

近くの「中華 慶楽」で、いつもの胡麻ダレ冷し中華を食べたあと、あのお店を探します。
ビルの奥にポツンとあるので、注意深く探さないと見過ごしそうです。
1_20170717114857c44.jpg
壁づたいに人が並んでいます。
白のれんも小さく、有楽町に構える、わずか1坪の隠れ家店、銀座かずや「かずやの煉」を見つけました。
2_20170717114859b1e.jpg
当然、その日には買えない逸品、1日192個限定なので、入手は困難です。
3週間後の予約をしてお店をあとにします。
3_2017071711490082e.jpg
待ちに待ったその日、決められた予約時間ピッタリに向かいます。
またまた、壁づたいに7~8人並んでいます。
この方たちは、受け取りで並んでいるのでしょうか?
それとも、予約する方なのか? そこの区別が分かりません。
後ろについて並べば予約時間が過ぎてしまいキャンセルになるし。
伺うと、みなさん予約する方とか。
"受け取りなんです" と言うと、どうぞ先にと促してくれます。
35度にもなる暑さ、菓子の下にも保冷剤が入っていますが、
持ってきた茶色の保冷バックに入れて持ち帰ります。
4_20170717114901785.jpg
一坪のお店、のれんをくぐると受け取りカウンターです。
5_2017071711490305a.jpg
こちらのお店、全ての工程を店主がひとりで行います。
材料の分量はもちろん、練る速さ、火加減、煮詰めるタイミング
どれかひとつが違えば、コク、舌触り、口の中に残る余韻が変わってしまいます。
6_20170717114905763.jpg
全ての工程を手作業で行い、
長時間かけて練り上げることで
今までにはない、独自の食感と風味を実現します。
7_20170717114906e68.jpg
まるで洋菓子のようなまったりとした舌触り
口の中に広がる抹茶の深みが絶妙です。
8_2017071711490860f.jpg
笹を開けると、プルンとした練り菓子はつややかで美味しそう
食べてみると、ムースのようなまったりとした滑らかな舌触り
口の中に広がる濃厚な抹茶の香りと優しい味が絶妙です。
9_20170717114909508.jpg
近いのでまた予約に行きましょ、お気に入りの逸品になりました。
笹に包まれ涼しげで  川もにいるような
これからの季節にピッタリなお菓子です。

下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。
写真素材 PIXTA

◎岐阜中津川 南陽軒の栗菓子

求めたのは、「栗きんとん」 と 「栗柿」。

1_20160919102233429.jpg


2_20160919102234a36.jpg


栗農家から仕入れて炊き上げ、ひとつひとつ「茶巾絞り」した和菓子の王様です。

3_2016091910223618d.jpg


4_201609191022372fb.jpg


栗のつぶつぶの食感と優しい味が楽しい。

5_201609191022398a7.jpg


肉厚の市田柿の干し柿の中に栗きんとんを入れた贅沢な逸品です。

6_20160919102248d1f.jpg


 山あいの 清澄な 香り 

  素朴な味わい 栗菓しを

   敬老の日に 掛川茶と


千葉 佐原 夏の暑気払いに「最上白みりん」

暑気払いに誘ってくれた前職の先輩と、久〜しぶりに「酒屋の酒場」の美味しい魚で一献。

先輩から、夏バテにとそのまま飲んでみてと『最上白味醂(さいじょう しろみりん)』をいただきました。


私の郷里にもお屠蘇や料理に使う料理酒「赤酒」(瑞鷹株式会社)があり、みりんに代わる調味料としてプロの料理人が使っていますが、白みりんを飲めるとは?



製造元は、千葉県香取市の 佐原(さはら)。

この佐原の地は、水運を利用して「江戸優り(えどまさり)」といわれるほど栄えていた場所です。

江戸の文化の面影を残す町並みが小野川沿岸や香取街道に今でも残っています。

関東で初めて「重要伝統的建造物群保存地区」(重伝建)に選定されました。

1_201609020756302e6.jpg


この佐原の地は、江戸時代からの日本最大の川港で、物資の集散地であり、
「佐原名物 お酒に醤油、味醂に奈良漬島の瓜」とうたわれていたそうです。

※日本列島の実測地図を完成させた伊能忠敬先生の伊能家も、佐原で酒造りをしていたそうです。

2_20160902075632093.jpg


江戸時代のころは、女性や子供に喜ばれた「甘味酒」で、特に夏の暑気払い(夏負け防止)として大いに飲まれていたそうです。


つれあいとひと口、食前酒に飲んでみます。す~と喉に入ってきます。

江戸の頃からの製法を残した、味醂の特徴であるおだやかな香りと自然な甘み、濃厚なうまみが口に広がります。

3_20160902075633e4a.jpg


梅の紋章があしらわれたシンプルな掛け紙。

4_20160902075634e2c.jpg


造り酒屋がつくる、『最上白味鮴(さいじょう しろみりん)』 ありがとうございます。


 "残暑もまだまだ 琥珀色をグラスに満たし ちびり 

   まだ行ったことのない 佐原の水郷を 想い浮かべます"


別ブログの「ひとり ときどき ふたり旅・さんぽ」gooの閲覧ランキングも
290万ブログ中、3,333位。多くの方が見てくれています。感謝 感謝!



下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA
プロフィール

tera

Author:tera
「見て・撮り・歩く」
青空の下、ぶらぶら街を歩き、居酒屋、蕎麦屋、銭湯巡りを楽しんでます。
日常の何気ないこといろいろ書き綴ります。

ようこそ アクセス数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。