FC2ブログ

天使の村の栗 足立音衛門

小袋もシックで、遊印の妙

1_201707301016072ce.jpg


包装紙にも、「音衛門」の遊印が素朴です。

2_2017073010160933c.jpg


栗に天使の羽根がついて、ワクワク感が広がります。

3_201707301016114fc.jpg


なめらかな質感「天使の栗のケーキ」。

4_2017073010161259b.jpg


南米チリ「Los Angeles(ロスアンヘレス=天使)」の村で収穫された栗、

「音衛門の工房」で仕立てられました。

5_20170730101613284.jpg


発酵バターに和三盆糖も入ったケーキ生地、そして栗ゴロゴロのケーキです。

6_2017073010161597c.jpg


手に持つとズッシリと重たくて、食べると優しい食感と栗の大きさにびっくり。

上品な甘いバターの香りがして、驚くほどしっとりしています。

京都福知山にかまえる「足立 音衛門(おとえもん)」

いつもいつも美味しいもの ありがとうございます

7_20170730101616ed2.jpg


今度は、「栗のテリーヌ」なるものを求めてみましょ。



下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。

写真素材 PIXTA

朝顔市  今年のアサガオは 双葉探し

「入谷朝顔まつり」の最後の日、猛暑の中 伺います。
いつもは、平日に伺う朝顔まつり、休みの日に伺ったのは初めてです。
あらかた朝顔も売れ、花の数より、人の多さにびっくりします。
1_20170717141157b29.jpg
今年求めたお店は、47番。
日本朝顔の「四色大輪」を求めます。
咲き分けた、団十郎、赤色、紫色、水色の四つ色です。
2_20170717141159737.jpg
2017年08月16日21時13分28秒0001
朝顔の見極めは、下葉に「双葉(ふたば)」の葉が多くあるものを求めます。
2017年07月22日15時50分25秒0001
求める時間も朝も早くなら、花も咲き乱れ、いい鉢か分かるのですが、
昼過ぎにいきますと みなしぼんで見極めがつきません。
3_201707171412009ea.jpg
こんな涼しい朝顔もいいのですが、つれあいが赤みをほしいと。
4_2017071714120189f.jpg
人いきれになる場を離れ、近くの「小野照崎神社」の境内で涼みます。
鳥居の横に新しく出来たのでしょうか、「舞魚(まな)」という瀟洒なお店。
お魚が美味しそうです。
5_201707171412023cd.jpg
夏空の中、開店の11時半前から案内してくれて、有り難いかぎり。
通された朱塗りのカウンターに置かれた四季壊紙……
こちらも朝顔の花が咲いています。
店名の印が馴染むように押され、なんとも涼しげです。
7_201707171412045ac.jpg
家に持ち帰り、たっぷりの日なた水を飲ませます。
となりのメダカに影が増え 心地よく泳いでいます。
つぼみは しぼりのように あしたの備えを始めました。
8_201707171412059d1.jpg
2017_07_20_IMG_7377.jpg

下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。
写真素材 PIXTA

 恵比寿ウエスティン シュークリーム 雨もふりふり 隅田川の花火

7月22日の土曜日は、家から大きく見えるすぎる「39回目の足立の花火。」
姪っ子もなん年ぶりに訪れて、「宇豆基野」のお惣菜をおつまみに今年初めのお花火。
2017_07_22_IMG_7397.jpg
タカラ湯の銭湯の煙突を入れて、花火をパチリ。
2017_07_22_IMG_7409.jpg
忙しくイカを焼くうなぎ屋の主人、頭上で花開くお花火。
2017_07_22_IMG_7403.jpg
姪っ子が予約してくれた、恵比寿ウェスティンホテルのシュークリームをいただきます。
2017_07_22_IMG_7417.jpg
あまりの美味しさに感謝 感謝。
2017_07_22_IMG_7418.jpg
冬、ウェスティンで食べた「抹茶シュー」。すでに白いシューは売り切れ。
2017_01_06_IMG_6486.jpg
中を開くと抹茶・抹茶、飽きてきます。白いシューが断然美味しい。
2017_01_06_IMG_6487.jpg
29日の「40回目の隅田川の花火大会」、あいにくの雨ですが、ベランダから花火見物。
ビールと枝豆で乾杯です。
このブログを作りながら、つれあいの花火に驚嘆するお声が、部屋中に響きます。
さてさて、私もビール片手にお隣に座りますか……
2017_07_29_IMG_7485.jpg
第2会場のお花火、撮ると小さいけれど、見た目はかなり大きいのです。
TRA_6296.jpg

かずやの煉 笹に包まれた

近くの「中華 慶楽」で、いつもの胡麻ダレ冷し中華を食べたあと、あのお店を探します。
ビルの奥にポツンとあるので、注意深く探さないと見過ごしそうです。
1_20170717114857c44.jpg
壁づたいに人が並んでいます。
白のれんも小さく、有楽町に構える、わずか1坪の隠れ家店、銀座かずや「かずやの煉」を見つけました。
2_20170717114859b1e.jpg
当然、その日には買えない逸品、1日192個限定なので、入手は困難です。
3週間後の予約をしてお店をあとにします。
3_2017071711490082e.jpg
待ちに待ったその日、決められた予約時間ピッタリに向かいます。
またまた、壁づたいに7~8人並んでいます。
この方たちは、受け取りで並んでいるのでしょうか?
それとも、予約する方なのか? そこの区別が分かりません。
後ろについて並べば予約時間が過ぎてしまいキャンセルになるし。
伺うと、みなさん予約する方とか。
"受け取りなんです" と言うと、どうぞ先にと促してくれます。
35度にもなる暑さ、菓子の下にも保冷剤が入っていますが、
持ってきた茶色の保冷バックに入れて持ち帰ります。
4_20170717114901785.jpg
一坪のお店、のれんをくぐると受け取りカウンターです。
5_2017071711490305a.jpg
こちらのお店、全ての工程を店主がひとりで行います。
材料の分量はもちろん、練る速さ、火加減、煮詰めるタイミング
どれかひとつが違えば、コク、舌触り、口の中に残る余韻が変わってしまいます。
6_20170717114905763.jpg
全ての工程を手作業で行い、
長時間かけて練り上げることで
今までにはない、独自の食感と風味を実現します。
7_20170717114906e68.jpg
まるで洋菓子のようなまったりとした舌触り
口の中に広がる抹茶の深みが絶妙です。
8_2017071711490860f.jpg
笹を開けると、プルンとした練り菓子はつややかで美味しそう
食べてみると、ムースのようなまったりとした滑らかな舌触り
口の中に広がる濃厚な抹茶の香りと優しい味が絶妙です。
9_20170717114909508.jpg
近いのでまた予約に行きましょ、お気に入りの逸品になりました。
笹に包まれ涼しげで  川もにいるような
これからの季節にピッタリなお菓子です。

下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。
写真素材 PIXTA

麻布 野田岩  展覧会のあとに西の横綱「うなぎ 野田岩」へ回顧

朝早く、乃木坂近くにある国立新美術館へ美術展を見に行きます。
2_201410141711596b8.jpg
目についた絵画を許可を貰ってパチリ
4_20141014171201e45.jpg
5_20141014171202057.jpg
6_201410141712048de.jpg
彫刻ブースには
7_20141014171205fa9.jpg
8_20141014171220704.jpg
東京ミッドタウンを左に見ながら、六本木交差点を通り、飯倉方面に向かいます。
向かう先は、以前、東の横綱 南千住の「 尾花」で鰻を堪能しましたので、
もう一つの西の横綱 麻布の「野田岩」に伺います。
【尾花クリックするととびます。】
目印は、懐かしや東京タワーに向かって歩きます。
10_20141014171223f75.jpg
東京タワーを見上げる港区東麻布1丁目にある「野田岩 麻生飯倉本店」が見えてきました。
ビルの谷間に建っています。
11_20141014171225848.jpg
創業160余年の老舗、現在は五代目の金本兼次郎さんが焼いています。
12_20141014171226012.jpg
開店間近に到着しましたが、誰も並んでいません。ここは早くから並ぶ「尾花」とは違うところです。
13_20141014171241132.jpg
何を頼もうかと思案していると、人が並びはじめました。でも10人ぐらいです。
14_20141014171243d3b.jpg
5分前に通され、1階の四人掛けのテーブルに案内されます。
室内は古民家風で、茶褐色の重みのある色合いです。
15_20141014171244f25.jpg
まずは、キリン小瓶をいだきます。
コースターには「菊五郎丈曰く 親父が四代 倅(せがれ)が五代目 己が六代目」と書かれています。鰻は上から二番目の「山吹」を頼みます。
16_2014101417124647e.jpg
鰻屋さんです、箸置きもうなぎです。
17_20141014171248745.jpg
おつまみに「お通し三種」(鰻の煮こごりともずく酢と枝豆)をもらいます。
18_20141014171306e51.jpg
菊正宗のぬる燗一合を頼みます。袴(はかま)をはいた瓢箪徳利がきました。
盃に注ぐと小気味いい音が、「トクトク」します。
19_20141014171307268.jpg
あれあれ、20分もしないうちに鰻がきました。こちらは、尾花と違って割きからではなく、すでに蒸されているのを焼くだけみたいです。
40分ぐらいはかかるのかと思っていましたが、食事のペースが狂ってしまいます。鰻重はあとに注文すればよかったと悔やまれます。
20_20141014171309774.jpg
鰻重の種類は、菊・梅・萩・山吹・桂の五種があります。
肝吸い、香の物、箸休めが付きます。
色、つやも良く、食感があり、タレもサッパリとしています。先に尾花で食したせいでしょうか、雰囲気でしょうか、あまり心が動きません。
21_2014101417131063c.jpg
本店だけあって、室内は重厚感があります。2階は畳座敷にテーブルが置かれています。
22_20141014171312ef1.jpg
※「土用の丑の日」雑学
この日は、鰻を食べる日と思っている方がおられると思いますが、
江戸時代の中期「夏痩せに鰻召しませ…」と万葉集に謳われているのを、「平賀源内」が巧みに利用したものです。
夏バテに鰻が効くとばかりに「土用丑の日、鰻を食べよう!」といったようなキャッチコピーを書いて大宣伝をしたため、
鰻の蒲焼が「真夏の風物詩」までになってしまったようです。
「土用」が鰻の最もおいしい季節とは限らないので、涼しい時期に行けば鰻も旨いかもしれません。
23_20141014171327eed.jpg
東西の横綱ニ件に伺いました。
次回、どちらに伺いたいかと聞かれたら  「尾花」ですかね。
建屋にも、庭にも、部屋でのしつらいも 江戸の名残りがありますね。
そして、ゆっくりと待つ楽しみもあります。
高価な鰻、慌ただしく食べては、鰻に申し訳ない。
うなぎ付き合い ありがとうございました。  2014.11.16
プロフィール

tera

Author:tera
「見て・撮り・歩く」
青空の下、ぶらぶら街を歩き、居酒屋、蕎麦屋、銭湯巡りを楽しんでます。
日常の何気ないこといろいろ書き綴ります。

ようこそ アクセス数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR