スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 恵比寿ウエスティン シュークリーム 雨もふりふり 隅田川の花火

7月22日の土曜日は、家から大きく見えるすぎる「39回目の足立の花火。」
姪っ子もなん年ぶりに訪れて、「宇豆基野」のお惣菜をおつまみに今年初めのお花火。
2017_07_22_IMG_7397.jpg
タカラ湯の銭湯の煙突を入れて、花火をパチリ。
2017_07_22_IMG_7409.jpg
忙しくイカを焼くうなぎ屋の主人、頭上で花開くお花火。
2017_07_22_IMG_7403.jpg
姪っ子が予約してくれた、恵比寿ウェスティンホテルのシュークリームをいただきます。
2017_07_22_IMG_7417.jpg
あまりの美味しさに感謝 感謝。
2017_07_22_IMG_7418.jpg
冬、ウェスティンで食べた「抹茶シュー」。すでに白いシューは売り切れ。
2017_01_06_IMG_6486.jpg
中を開くと抹茶・抹茶、飽きてきます。白いシューが断然美味しい。
2017_01_06_IMG_6487.jpg
29日の「40回目の隅田川の花火大会」、あいにくの雨ですが、ベランダから花火見物。
ビールと枝豆で乾杯です。
このブログを作りながら、つれあいの花火に驚嘆するお声が、部屋中に響きます。
さてさて、私もビール片手にお隣に座りますか……
2017_07_29_IMG_7485.jpg
第2会場のお花火、撮ると小さいけれど、見た目はかなり大きいのです。
TRA_6296.jpg

かずやの煉 笹に包まれた

近くの「中華 慶楽」で、いつもの胡麻ダレ冷し中華を食べたあと、あのお店を探します。
ビルの奥にポツンとあるので、注意深く探さないと見過ごしそうです。
1_20170717114857c44.jpg
壁づたいに人が並んでいます。
白のれんも小さく、有楽町に構える、わずか1坪の隠れ家店、銀座かずや「かずやの煉」を見つけました。
2_20170717114859b1e.jpg
当然、その日には買えない逸品、1日192個限定なので、入手は困難です。
3週間後の予約をしてお店をあとにします。
3_2017071711490082e.jpg
待ちに待ったその日、決められた予約時間ピッタリに向かいます。
またまた、壁づたいに7~8人並んでいます。
この方たちは、受け取りで並んでいるのでしょうか?
それとも、予約する方なのか? そこの区別が分かりません。
後ろについて並べば予約時間が過ぎてしまいキャンセルになるし。
伺うと、みなさん予約する方とか。
"受け取りなんです" と言うと、どうぞ先にと促してくれます。
35度にもなる暑さ、菓子の下にも保冷剤が入っていますが、
持ってきた茶色の保冷バックに入れて持ち帰ります。
4_20170717114901785.jpg
一坪のお店、のれんをくぐると受け取りカウンターです。
5_2017071711490305a.jpg
こちらのお店、全ての工程を店主がひとりで行います。
材料の分量はもちろん、練る速さ、火加減、煮詰めるタイミング
どれかひとつが違えば、コク、舌触り、口の中に残る余韻が変わってしまいます。
6_20170717114905763.jpg
全ての工程を手作業で行い、
長時間かけて練り上げることで
今までにはない、独自の食感と風味を実現します。
7_20170717114906e68.jpg
まるで洋菓子のようなまったりとした舌触り
口の中に広がる抹茶の深みが絶妙です。
8_2017071711490860f.jpg
笹を開けると、プルンとした練り菓子はつややかで美味しそう
食べてみると、ムースのようなまったりとした滑らかな舌触り
口の中に広がる濃厚な抹茶の香りと優しい味が絶妙です。
9_20170717114909508.jpg
近いのでまた予約に行きましょ、お気に入りの逸品になりました。
笹に包まれ涼しげで  川もにいるような
これからの季節にピッタリなお菓子です。

下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。
写真素材 PIXTA

南千住 尾花 うなぎの香を求めて回顧

前から気になっていた、南千住にある鰻の「尾花」、
前を通るたびに多くの人が並んでいます。
梅雨空の中、11時にお店に伺います。
西の麻布飯倉「野田岩」、東の南千住「尾花」と呼ばれるほどの有名店です。
1_201406300937081fb.jpg
平日だというのにシャッターの前には、すでに10人の年配の方が並んでいます。
お店が開くのは、11時半。30分の行列です。
皆さんのお話しを伺っていると、人数が揃わないと案内して貰えないとのこと。
ここは、注文を聞いて鰻を割くので、一人だけ時間がズレてしまうのは客も気の毒だし、店としても迷惑だということらしいのです。そして、予約も出来ないようです。
それと困ったことに、並んでいる間に蚊に刺されます。
開店5分前、列のうしろを見ると、最後尾は見えません。
IMG_7432.jpg
11時25分にシャッターが上がります。
2_20140630093709e9a.jpg
係の方から人数を聞かれます。ここで揃っていないと、後ろにまわされてしまいます。
庭には真っ赤な「お稲荷さん」の社があり、江戸前の鰻屋といった風情があります。
3_201406300937109b6.jpg
店の入口には大きく尾花と染め抜いた暖簾が掛かっています。
食するのが天然うなぎだと、紺地に白抜きの暖簾に「天然うなぎ」と染め抜かれています。
4_201406300937127cc.jpg
靴を脱いで、下足札を貰い、小机に案内されます。
IMG_7431.jpg
大広間に小机が並び、70人分の座布団が並んでいます。
5_201406300937139df.jpg
奥の右から座っていきます。すでに順番通りの座布団と小机がセットされています。
6_20140630093728b0e.jpg
私は、左奥の窓ぎわに面する小机です。壁があるので丁度いい背もたれがありますが、
平座りがきついので、高めの座椅子を用意してもらいます。
難を言えば、目の前がトイレに向かうのれんの前です。
7_20140630093730e1e.jpg
順番札(下足札)を机の上に置き席に着くと、すぐに店員さんが来て注文を取りに来ます。
必ず「ウナギの料理と土産の追加は出来ません」と念を押されます。
この店は客の注文を聞いてから鰻をさばくので、出来上がりまで最低40分はかかるのです。
途中で追加をされると時間がかかり過ぎてしまうので、追加は出来ないと言うことです。
8_20140630093743384.jpg
メニューはこちらになります。
TRA_0002.jpg
TRA_0003.jpg
昔から「うなぎをせかすのは野暮」と言うくらいで、
うなぎは割いて蒸して、タレ付けて焼いてと、手間がかかります。
うなぎを待つ間、ビールの小瓶を頼み、のんびりとうなぎを待ちます。
このひとときが至福の時間です。
ビールといっしょに出てきた箸休めは、細かく切ったお新香です。
10_20140630093747c86.jpg
まず最初に頼んだあては、「うざく」。うなぎの酢の物です。
うなぎの肉厚さもあり、甘めの三杯酢と良くあいます。
11_2014063009384137c.jpg
それともう一品、「鯉のあらい」も頼みます。
色艶もよく、つけ味噌の味が絶妙です。
12_2014063009384245d.jpg
鯉のあらいにあわせて、冷酒にかえます。
おっー 私の好きな銘柄「櫻正宗」です。やはりどこの老舗にもは必ずありますね。
日本酒の燗も櫻正宗だそうです。
給仕してくれる店員さんの振る舞いも気持ちよく、実に手際が良くていい感じです。
13_20140630093844179.jpg
お隣りのご老人は、70すぎでしょうか。高めの座椅子にひとり座り、
「冷酒とうざく」でちびり、そして「燗酒とやきとり」でちびちび。
奥さんにお土産でしょうか「蒲焼と白焼」を頼んでいました。
窓ごしには、かなりの雨が打ち付けています。
私は、W杯日本戦の新聞批評を見ながら、冷酒をちびちび。
まわりに目を向けると、みなさん待ちくたびれたのか、話しも尽きたのか、宙をさ迷っています。何もなしで40分は、きつそうです。
ちょうど冷酒のあても終わりになるころ、まわりがザワついてきました。
まずは、お盆にお新香と肝吸いが届きます。
別注の「きも吸い」には、きもと玉子豆腐があしらわれています。
14_201406300938450d1.jpg
そして、順番に、鰻重のご登場です。
時間を見ると、注文を取ってから約40分ほどです。
15_20140630093847ed0.jpg
お重の蓋を開けた時の蒲焼きの色と艶の見事さに思わず声が出てしまいます。
蒲焼に箸を入れたらなんと柔らかいこと。
どこまでが鰻で、どこからが御飯かが分からないほどです。
16_20140630093907a39.jpg
香ばしさが絶妙で、あっさり目のタレがよく合います。
食した時のふっくら感は、炊きたての御飯の上にのった蒲焼きと絡み合い、幸せが広がります。
17_2014063009390868e.jpg
30分行列して、鰻の焼き待ち40分、食してお勘定まで35分の計1時間45分。
お勘定して、下足札を渡し白のれんをくぐります。外には10人ほど待っています。
かなりの雨が降ったようです。草木は濡れ、石砂利も色を変え、庭先がしっとりとしています。
食べ終えて、小道を戻る時、何とも言えない満足感で一杯になります。
18_201406300939106e4.jpg
いつも並んでいる、東の横綱と言われる有名店。
単なるブランドだと思っていましたが、
構え、振る舞い、味など総合的にみて「待っても食べたいもの」のひとつとなりました。
19_20140630093911e5e.jpg
IMG_0003.jpg
いつか、麻布飯倉の「野田岩 本店」か、浅草駒形の「前川」にも伺いたいものです。
お付き合い ありがとうございました。 2014.07.06

麻布 野田岩  展覧会のあとに西の横綱「うなぎ 野田岩」へ回顧

朝早く、乃木坂近くにある国立新美術館へ美術展を見に行きます。
2_201410141711596b8.jpg
目についた絵画を許可を貰ってパチリ
4_20141014171201e45.jpg
5_20141014171202057.jpg
6_201410141712048de.jpg
彫刻ブースには
7_20141014171205fa9.jpg
8_20141014171220704.jpg
東京ミッドタウンを左に見ながら、六本木交差点を通り、飯倉方面に向かいます。
向かう先は、以前、東の横綱 南千住の「 尾花」で鰻を堪能しましたので、
もう一つの西の横綱 麻布の「野田岩」に伺います。
【尾花クリックするととびます。】
目印は、懐かしや東京タワーに向かって歩きます。
10_20141014171223f75.jpg
東京タワーを見上げる港区東麻布1丁目にある「野田岩 麻生飯倉本店」が見えてきました。
ビルの谷間に建っています。
11_20141014171225848.jpg
創業160余年の老舗、現在は五代目の金本兼次郎さんが焼いています。
12_20141014171226012.jpg
開店間近に到着しましたが、誰も並んでいません。ここは早くから並ぶ「尾花」とは違うところです。
13_20141014171241132.jpg
何を頼もうかと思案していると、人が並びはじめました。でも10人ぐらいです。
14_20141014171243d3b.jpg
5分前に通され、1階の四人掛けのテーブルに案内されます。
室内は古民家風で、茶褐色の重みのある色合いです。
15_20141014171244f25.jpg
まずは、キリン小瓶をいだきます。
コースターには「菊五郎丈曰く 親父が四代 倅(せがれ)が五代目 己が六代目」と書かれています。鰻は上から二番目の「山吹」を頼みます。
16_2014101417124647e.jpg
鰻屋さんです、箸置きもうなぎです。
17_20141014171248745.jpg
おつまみに「お通し三種」(鰻の煮こごりともずく酢と枝豆)をもらいます。
18_20141014171306e51.jpg
菊正宗のぬる燗一合を頼みます。袴(はかま)をはいた瓢箪徳利がきました。
盃に注ぐと小気味いい音が、「トクトク」します。
19_20141014171307268.jpg
あれあれ、20分もしないうちに鰻がきました。こちらは、尾花と違って割きからではなく、すでに蒸されているのを焼くだけみたいです。
40分ぐらいはかかるのかと思っていましたが、食事のペースが狂ってしまいます。鰻重はあとに注文すればよかったと悔やまれます。
20_20141014171309774.jpg
鰻重の種類は、菊・梅・萩・山吹・桂の五種があります。
肝吸い、香の物、箸休めが付きます。
色、つやも良く、食感があり、タレもサッパリとしています。先に尾花で食したせいでしょうか、雰囲気でしょうか、あまり心が動きません。
21_2014101417131063c.jpg
本店だけあって、室内は重厚感があります。2階は畳座敷にテーブルが置かれています。
22_20141014171312ef1.jpg
※「土用の丑の日」雑学
この日は、鰻を食べる日と思っている方がおられると思いますが、
江戸時代の中期「夏痩せに鰻召しませ…」と万葉集に謳われているのを、「平賀源内」が巧みに利用したものです。
夏バテに鰻が効くとばかりに「土用丑の日、鰻を食べよう!」といったようなキャッチコピーを書いて大宣伝をしたため、
鰻の蒲焼が「真夏の風物詩」までになってしまったようです。
「土用」が鰻の最もおいしい季節とは限らないので、涼しい時期に行けば鰻も旨いかもしれません。
23_20141014171327eed.jpg
東西の横綱ニ件に伺いました。
次回、どちらに伺いたいかと聞かれたら  「尾花」ですかね。
建屋にも、庭にも、部屋でのしつらいも 江戸の名残りがありますね。
そして、ゆっくりと待つ楽しみもあります。
高価な鰻、慌ただしく食べては、鰻に申し訳ない。
うなぎ付き合い ありがとうございました。  2014.11.16

河童橋 編み込まれた 竹 ザル

浅草近くの合羽橋道具街で、白磁のさかずきを買うついでに
つれあいからから頼まれた「ネット付きの竹製のザル」
本間商店の店前に、手頃な 直径30cmを見つけました。
他にも34、36cmがありますが、この大きさが丁度よございます。
1_20170714202043a83.jpg
つれあいは何に使うのでしょう?
乾燥野菜やキノコを ちよこっと干すのに、ぴったりらしいのです。
2_20170714202044363.jpg
底が平らなので 野菜が広げやすいの、
虫さんも入ってこない 開閉できるネット付きです。 お値段は なんと500円ちよっと。
3_2017071420204637b.jpg
このザルは、家の中に置いても邪魔にならず、 すぐに干しておけるので 重宝するらしく。
天日干しする時には、ネットをかけてホコリや虫を防げるとお気に入りです。
4_20170714202048270.jpg
よく使うのはミニトマト。
半分に切って塩をふり セミドライになるまで干して オイル漬けにしておくと そのままつまんでもおいしい。
干している間 虫がたかりやすいのが難点でしたが、このザルなら安心です。
5_20170714202049527.jpg
野菜やキノコは、干すと長持ちするのはもちろん、甘みや旨味が凝縮され、生の時とは違う味と風味が楽しめ、 栄養価も上がります。
少量でも気軽に干せる、使い勝手のよいザルです。
6_20170714202050069.jpg

下のリンクは、私の「ピクスタ」のアカウントです。
販売中の写真を見ることが出来ます。
写真素材 PIXTA
プロフィール

tera

Author:tera
「見て・撮り・歩く」
青空の下、ぶらぶら街を歩き、居酒屋、蕎麦屋、銭湯巡りを楽しんでます。
日常の何気ないこといろいろ書き綴ります。

ようこそ アクセス数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。